2021年10月に書かれたイベント

2021/11/13(土) | 10:30-12:00

相沢康夫のオンライン積み木ショー[拡大版] 211113

Online Bauklötzeschau von Herrn Aizawa

前回のオンライン積み木ショーの中で、アドリブで始まった「リクエストタイム」が好評だったので、1時間のショー+30分のリクエストタイムという拡大版で開催することにしました。

  • PCやスマートフォンでご覧いただけます
  • Zoomを使ってオンライン・ウェビナー形式で開催します。
  • 1枚のチケットで、家族全員ご覧いただけます。
AIZAWA yasuo

恒例、相沢康夫のオンライン積み木ショー♪

今回は「拡大版」!
ネフなどの積み木を操る約1時間のショーに、約30分のリクエストタイムを加えてお届けします。
「魚を作って~」
「セラとキュービックスを一緒に組み合わせて見せて」
なんて、積み木おじさんを困らせちゃうリクエストだって大丈夫!
積み木おじさんは、果たしてどんな技を見せてくれるかな〜?
積み木はもちろんですが、相沢のしゃべりもなかなか面白いですよ。

オンラインならではのメリット

  • 静岡まで行かなくてもよい(交通費かかりません)。
  • 自宅で、のんびりくつろぎながら参加できる(コーヒーでも飲みながら♪)。
  • 最前列のポジションに相当するアングルから見れる。
  • ご自宅の積み木で一緒に積みながら参加するお子さんもいらっしゃいます。

さらに今回は新たな試みとして

  • 参加者からのリクエストに応えるリクエストタイムを30分設けました。
  • リアルの積み木ショーでは滅多にやらない(やれない)、オルナボやアニマルパズルといった平面構成のパターンを予め写真撮影して、スライドショー的にお見せします。

毎回人気の積み木パフォーマンスをオンラインで開催

毎年恒例、「相沢康夫の積み木ショー」ですが、昨年より新型コロナ感染拡大を鑑みて、オンラインで開催しています。夏休みの積み木ショー(2021年8月21日開催)(午前・午後の2回)も、大好評でアンケートでも、「非常に楽しかった(76.92%)」「それなりに楽しかった(23.08%)」合わせて100%という驚異的な満足度を叩き出しました。

過半数が「興味のある知人や友人に勧める可能性が高い」

同じアンケートでは、「今回のイベントを、興味のある知人や友人に勧める可能性は高いですか?」の問いでは、11段階評価で、10(可能性は非常に高い)が38.46%、9が12.82%、合わせて51.28%と、半数以上の方に深くご満足いただいています。

全体的では、評価の平均値は8.49、NPSスコアは41.03と非常に高い評価をいただいています。

とても面白かった。きれいでした。

お花がかわいかった(3歳児談)。

最初から最後までとても楽しく見させていただきました♪積み木あそびの参考にさせていただきます。

家から出られず楽しみが制限される中、お家遊びをもっと充実させたいと思い視聴しました。 相沢さんの軽快な話術と、素晴らしい積み木ショー!(中略)定期的にオンラインでやっていただけると、嬉しいです。何度でも観たくなるショーでした。 この後子どもと積み木を楽しみます! ありがとうございました。

相沢さんのお話、パフォーマンスがとてもリズミカルで楽しかったです。子どもが目を丸くしてみてると思ったら、積み木を出して挑戦し始めました。

積み木の概念が変わった。

小さな子とも家で気楽に見られた。

とにかく感動しました!!!1時間があっという間でした。 まだまだ観たいです。

ネフスピールの遊び方が広がりました!軽妙なおしゃべりも楽しいです!

テンポよく次々と作品が登場するので楽しく拝見させていただきました。

相沢さんの手に積み木が吸い付くように美しく積み上げられていくのに魅了されてしまいました。今回は母親1人で見ましたが、娘がもう少し大きなったら一緒にみて、遊びの参考にしたいです。

子どもが家にある積み木で真似をして遊び、楽しんでいました 子どもが欲しい積み木が見つかったようで、リクエストされました。

いくつか持っている積み木もこんな風に積めるというのが、実際に見ることができて良かったです。見ごたえありました。

「ワニ」、「流しそうめん」、「綺麗なお母さん」のリクエストに答えていただき、ありがとうございました!息子達が大喜びでした。

(前回のアンケートより)

2021年9月8日(水)〜9月30日(木)必着 |

【結果発表】BRIOビルダーの作品コンテストの審査結果です

2021年9月8日(水)〜9月30日(木)の間に募集したBRIOビルダーの作品コンテストへのご応募ありがとうございました。全部で85点の作品がエントリーされ、審査結果が出ましたので、発表いたします。最初に各審査員からのメッセージをどうぞ。

今回、このコンテストを開催したきっかけは、Instagramなどに、BRIOビルダーで楽しそうに遊んでいる写真がたくさんアップされていたことでした。実際に集まった作品は、期待を上回るユニークなものが多く、ビックリ!

普段から構成遊びが好きな子(想像ですが)のものから、小さな子や普段構成遊びをしていないような子のものまで、力強い作品やほほえましい作品が多く届きました。審査は甲乙つけがたく大変でした。残念ながら賞にもれた作品もありますが、点数の差はほとんどありません。

また、大人が手伝った作品は審査の対象から外しましたが、そういった遊びもBRIOビルダーの遊び方としては推奨したいものでした。

皆さん、ありがとうございました。

柿田友広(百町森代表):審査委員長

審査するのがとてもむずかしい位、どの応募作品にも自由な発想と豊かな想像力が溢れていました。改めて、お子さまの創意の力と、見守るご家族の支えが、楽しい遊びを生み出すことを教えていただきました。ありがとうございました。

前畑 典子(株式会社イメージミッション木鏡社代表)

どの作品も、アイデア・創造力・ストーリー性に富んでいて、素晴らしい作品でした。順位を決めるのに苦労しました。スウェーデン本社の商品開発チームに全ての画像を送り、日本の子どもたちの発想力のすばらしさを伝えます。ご応募ありがとうございました。

森岡 豊(ブリオジャパン株式会社社長)

アーカイブ