商品情報の最近のブログ記事

来年の3月に「静岡県郷土唱歌」をオーケストラ(静岡交響楽団)をバックに合唱で唄う催しが、グランシップで開催されるそうです。

静岡県には、県内各地域の名所旧跡や歴史的人物を謳った貴重な郷土唱歌があります。現在では知る人も少なくなっていますが、静岡県の大切な文化的財産である「静岡県郷土唱歌」を復活し、県民だれもが歌うことができたら大変素晴らしいことだと思います。そのキックオフとして県内すべての小・中・高校生などに呼びかけ、3月29日にグランシップ大ホール海でオーケストラをバックに「静岡県郷土唱歌を歌おう」イベントを開催します。子どものころに歌ったふるさとの歌は私たちの心のよりどころとなり、いつまでも忘れることはありません。嬉しいとき、悲しいとき、ふと口ずさむ郷土唱歌はいつでも私たちを元気にしてくれるに違いありません。若者からお年寄りまで、世代を超えて、参加者を募り、県内で活動している様々な合唱団の皆様とともに郷土唱歌を歌い、思いを共有するイベントにしたいと思います。

静岡県文化プログラム公式サイトより

4月2日は、石井桃子さんのご命日です。それにちなんで、店内にある石井桃子さん関連の本をアップしました。

翻訳、創作、評論など、数多くのお仕事をされた石井桃子さんなので、店内在庫だけでもかなりの数にのぼります。この機会に一度ご覧になってみてはいかがですか?

石井桃子さんコーナー

テレビ東京、BSジャパンで放送している「WBS(ワールドビジネスサテライト)」という番組があります(私は結構好きで、録画してほぼ毎日観ています)。このWBSの2018年12月11日放送の「白熱ランキング」のコーナーで、「 “大人が夢中”脳トレグッズ」と題して、おもちゃやゲーム、パズルが紹介されました。

その中には、百町森で扱っているものもありましたので(やった〜!)、ご紹介します。

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

ナインタイル、入荷分すべて売り切れました。次回入荷は未定のため、ご予約はお受けしません。

百町森でも「ナインタイル」、明日入荷しますよ~♪入荷しましたが、売り切れました。

Table Games in the Worldによると、

29日19時からフジテレビ系列で放送されたクイズ番組『今夜はナゾトレ』で、出演した松丸亮吾氏が『ナインタイル』を紹介した。

とのことです。

  • オインク ナインタイル
  • 2,200円+税(10%税込2,420円)
  • 買物かごへ

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

みなさんこんにちは、スタッフの大塚です。

今日も今日とて、世の中にすバらしいことはないかしら?と探している日々ですが、今回は僕の代わりにすバらしいことを見つけてくれた人々のニュースから。

ブロンズ新社/お知らせ/2017年2月17日より、ブロンズ新社刊の絵本「もうぬげない」(ヨシタケシンスケ作・絵)がイタリアの「ボローニャ国際児童図書賞(ボローニャ・ラガツィ賞)」において、フィクション部門特別賞(入選に相当)に選ばれた、というニュースです。なお発表は2月でしたが表彰式が行われるのは4月、「ボローニャ チルドレンズ ブックフェア」で行われるそうです。そのころにはもう少し大きなニュースとして取り上げられるかもしれません。

アーカイブ