施工の様子(3日目)

既存部分に近いところから組み始めます。基礎とアンカーボルトを取り付けた柱を立て、柱同志を梁や床・パイプなどでつなぐことによって安定します。炎天下での作業となります。

1.柱脚部分。突き固めた砂利の上に置いてあるだけですが、しっかりしています 2.太いスクリューねじを使って部材を固定します。右が施工担当者の須田さん。 3.既存部分(右)との連結部分(中央)
4.柱上端に金物を取り付けます 5.梁の取り付け 6.2人がかりで柱を立ち上げます
7.6.で立ち上げた柱と5.の梁をつなげます 8.大屋根の骨組みの組立 9.上に付きました

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

乗り物・運動