保育・家庭教育セミナー2020

今年の保育セミナーは、日本シュタイナー幼児教育協会の代表理事をお務めの松浦園さんをお招きし、8/09(日)に開催します。

テーマ「子どもを育てる大切な環境は大人が作る」

〜子どもが世界を信頼して、その子らしく成長していける環境とは?〜

3歳の男の子が公園の片隅で、一匹の蟻を見つけました。その公園には滑り台やぶらんこなどの遊
具がたくさんありましたが、その子は蟻が小さな穴から出たり入ったりしているのを、じっとしゃがみ
込んで見ていて、それらには見向きもしません。

小さい子どもたちは、いつでもどこでも周囲の環境から“大きな発見”を見つけます。それは子どもに
とっては世界との出会いです。ルドルフ・シュタイナーは「子どもは全身が感覚器官である」と述べて
います。自分の感覚を通して、この世界を感じ、知ろうとしているのです。

子どもは自らの力で大きくなります。大人にできることは、その環境を子どものために用意し整える
ことだけです。だからこそ、親は我が子のためにできるだけ良い環境を与えたいと願うのでしょう。
では「良い環境」とはどのような環境でしょうか?子育て雑誌にはたくさんの「良い環境」と言われて
いるものが掲載されています。けれども「何が子どもの成長にとって良いのか」がわからなければ、
選ぶことはできないのです。

未来を生きる子どもたちのために、子どもが世界を信頼して、その子らしく成長していける環境とは
何かを具体的に考えてみましょう。(松浦園)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

混迷を極める今の時代に、シュタイナー教育は大変注目されています。

私は今年1月に松浦園さんのお話を聞く機会がありました。それは、子育てに大切な基本的な生活の事や何が五感を育むことにつながるのかといった話でした。しばらくしてから違う場所で、松浦さんのお話を聞いた若いお母さんが「生活リズムって大事なんですね。」と他の方と話していました。私はその時、こうした基本中の基本のような話をしてくれる人が周りにいなくなったと感じ、百町森のセミナーにお呼びできたらと思いました。

松浦園さんは以前、東京・三鷹にあるシュタイナー幼稚園「なのはな園」の主任教師をお務めでした。ここは百町森の「コプタ通信」で園の連載していた時にお伺いしたところでもあります。

今回のセミナーでは午前に子どもの生活の基本の話と、午後はシュタイナー幼稚園の話、そして、その後、シュタイナー幼稚園でしているような手仕事を実際に経験してみるワークショップをします。どうぞ多くの方のご参加をお待ちしております。

自分の知らない知識に出会い、世界がぱっと広がって驚きと喜びを感じることがあります。百町森ではこうしたセミナーなどの新しい学びを通して新たな世界を広げていけたらと思います。(百町森・柿田友広)

  • 開催日:2020. 8.9(日)
  • 会場:静岡県総合研修所 もくせい会館 富士ホール(静岡市葵区葵区鷹匠3丁目6−1)
  • 講師:松浦 園(まつうら その、日本シュタイナー幼児教育協会の代表理事)
  • 参加費:税込4,000円(会員税込3,500円)宿泊費・食事代は含みません。託児はありません。
  • 定員:150名(先着順)予約制です。
  • 申し込みはまだ受け付けていません。
  • 主催:百町森(ひゃくちょうもり)

タイムテーブル

8/09(日)      
9:30- 受付   もくせい会館
10:00-11:45 午前の部・講演 松浦園 もくせい会館
  ・昼食・フリー    
13:00-14:30 午後の部・講演 松浦園 もくせい会館
・15:00〜ワークショップ・羊毛、にじみ絵、ライアー…   
8/10(月祝)      
9:00-10:30 番外編:私の訪ねたドイツのシュタイナー幼稚園 柿田友広(百町森) 百町森プレイオン

講演:午前の部・午後の部、ワークショップ 内容

午後の部「子どもの成長を支える生活と遊び」

幼い子供にとっては、遊ぶこと、食べること、眠ることは日々の生活の大きな柱になります。

どのような おもちゃで遊び、何をどのように食べ、何時に寝るか、またどれくらい眠ればいいのかなどを、子どもの成長を支える視点から共に考えてみましょう。

(松浦園)

午後の部「子どもが自らの力で育つことをはぐくむシュタイナー幼児教育」

子どもは赤ちゃんの時から、自分を愛し、養育してくれる大人の存在を全身で受け止めて大くなります。赤ちゃんは目の前の大事な人が立って歩き、話すことを模倣して、同じようにできるようになるのです。

シュタイナー教育では、7歳までは子どもの肉体をとおして意志を育てる時期であると考えます。

自分の人生を、夢を持って歩み、実現しようとする大事な力を育てましょう。

(松浦園)

番外編について

セミナーに参加されない方も、番外編のみにご参加いただけます。その場合の参加費は税込600円(会員500円)です。番外編のみ参加される場合も、お申込みをお願いします。セミナー参加者は無料で参加できます。

講演者プロフィール

matuurasono.jpg

松浦 園(まつうら その)
日本シュタイナー幼児教育協会の代表理事、シュタイナー幼児教育教員養成講座コーディネーター

 20年間私立幼稚園に勤め、1997年に渡米。カリフォルニア州サクラメントのルドルフ・シュタイナー カレッジでシュタイナー幼児教育を学ぶ。2000年春より19年間東京・三鷹にある「ヴァルドルフの森 キンダーガルテンなのはな園」の主任教師を務めた。

ワークショップ

1.羊毛 2.にじみ絵 3.ライアー… 詳細未定

シュタイナー幼稚園などで行われる手仕事を中心に実際に体験してもらう時間です。広い会場にいくつか2〜3個のテーブルを固めたコーナーを作り、そこで実際に手作り体験ややり方を教えてもらいます。松浦先生には講演会で聞けなかった色んな疑問や質問にも答えてもらいます。

番外編

私が訪ねたドイツ・シュタイナー幼稚園(講師:柿田友広)

日が明けて百町森開店前に柿田がかつて見学したシュタイナー幼稚園の映像を見る会です。場所は百町森のプレイルーム「プレイオン」。くつろいだ雰囲気の中で、前の日の感想などを交えながら映像を解説します。

ご注意

お食事について

  • 各自でお願いします。
  • もくせい会館は、飲食物の持ち込みが禁止されています。

宿泊について

  • 宿泊は各自でご予約ください。お早めにどうぞ。
  • もくせい会館にも宿泊施設があります。

キャンセルについて

  • ご都合が悪くなった場合、代理の方が参加することもできますので、キャンセルはご遠慮ください。

服装について

  • 空調が強い場合があります。上着などをご持参下さい。

そのほか

  • 駐車場はありますが、先着順で空いていないことが多いので、公共交通機関でのご来場をお願いします。
  • 託児はありません。
  • 番外編のみ参加の場合、600円(会員500円)です。
  • 定員になり次第、締め切らせていただきます。

お申込みは新型コロナウィルスの収束状況をみてからにしますので、まだ受けていません

名称:
保育・家庭教育セミナー2019
開催日:
2020/08/09(日)番外編は8/10(月祝)
時間:
10:00〜16:30 番外編は翌日9:00~10:30
場所:
もくせい会館(番外編は百町森・プレイオン)
料金:
4,000円(会員3,500円)
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ