柿田のブログ

店主柿田の思いつくまま、気の向くまま、夫婦でライフワークにしている出張お話会の様子や、見に行ったイベント、お客さまからのお問い合せにもお答えします。

いせひでこさんは、1995年1月に起こった阪神淡路大震災の2ヶ月後に、絵描きとして何かを描いて伝えようとスケッチ帖をもって神戸の青ビニールの風景の上を歩きまわりながら、結局何も描けず無力感を持ったまま帰ります。その3年後、いせさんの所に復興支援のための「1000人のチェロ・コンサート」の呼びかけが届き、チェリストのひとりとして参加、そこから『1000の風、1000のチェロ』の絵本が生まれたということです。

それから10年以上の月日がたち、いせさんは『チェロの木』という絵本を描いていて、もうじき完成という時、東日本大震災がおこり、その結末が描けなくなってしまったそうです。いせさんはこの時もすぐに被災地に通い、そして宮城県亘理吉田浜で一本のクロマツの倒木に出会います。そのクロマツは根の裏をさらしたままじっと横たわっていて、ついこの間まで、防潮林や村がそこにあったことを、沈黙というかたちで伝えようとしているようで、初めて被災地でスケッチ帖を開いたということです。その後、伊勢真一という映画監督との出会いがあり、いせさんとこのクロマツのことがドキュメンタリー映画にもなることに。

最初、何をどう伝えるのか、いせさんも監督も、全く分からないままカメラは廻りはじめたようですが、絵本の制作場面、小さきものたちをスケッチするところ、いせさんのチェロを弾く姿、被災地での植林、庭の植物たちとの対話などを撮っていくうちに、だんだんに、タイトルにもなった「いのちのかたち」という骨格が見えてきたようです。そして、2015年5月、仙台での『復興支援1000人のチェロ・コンサート』―高校生たちの合唱と1000のチェロのコンサートの模様が映画にも登場しますが(この時もいせひでこさんは参加します)、これが映画の山場になっています。

いせひでこさんはこんな風に、絶えず「いのち」と向き合い、画家として絵本作家として自分に何ができるのかを考えて生きている人。わたしたちがいせさんの作品を読むときに感じるある種の“重さ”は、そういうところから来ているのだと納得がいく気がします。そして、伊勢真一監督の映画の手法も、軽薄に感動させたりせず、たんたんとした語り口調の中に、人間の「いのち」の営みをにじみ出させていく感じで、ふたりの相性はバッチシ、よくぞ出会ってくれたと私は嬉しく思っています。

(柿田友広)

先行上映会とトークショー&ミニコンサートやりました

トークショー「作家・いせひでこを見つめて」登壇:伊勢真一(監督)、柿田友広(百町森代表)、藤谷名菜子(ヴィオラ奏者)

いせひでこ絵本朗読 〜オブリガード・ヴィオラ〜朗読:柿田友広、ヴィオラ演奏:藤谷名菜子

ミニヴィオラコンサート ヴィオラ:藤谷名菜子、ピアノ:小林摩湖

小学校でお話会と講演を頼まれ行ってきました。
お話会は自宅近くの小学校にはもう20年ほどほぼ毎月行っています。
講演も学校、幼稚園、保育園でしばしば頼まれますが、保護者会やPTAで頼まれることがほとんどでしたので、今回の様に学校主催のものは珍しいケースです。そして、今回はその後、おもちゃも購入して頂きました。
nakaizu1.jpg

CIMG0234.JPG日時:8月8日(土)19:00〜 百町森・プレイオンにて「平和のための読書会」パート3を開きました。

68%の人が安保法案をこの国会で成立させることに反対というなかで強引に成立させようとする政府、沖縄の人がNOといっているのに強引に辺野古を埋め立てようとしていたり…、一体、民主主義はどうなっているの?

3回目の今回は百町森の近くの古書店「水曜文庫」店主・市原健太さん、戸田書店静岡本店の古川明大さんにも手伝ってもらい、「民主主義って何だ?」というテーマで話したり、本・絵本の紹介をしました。

水曜文庫の市原健太さんは7月に亡くなった鶴見俊輔さんのことを紹介しました。
戸田書店静岡本店の古川明大さんは石井 光太/著『浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち』と小野田 寛郎/著『生きる』の2冊の本を紹介しました。
そして、私は鶴見俊介さんの後継者の1人といわれる高橋源一郎さんの本、その他気になる本・絵本を紹介しました。
(↑これは関連する本)

長崎で「子育てあいうえお」の講演

1410nbcnagasaki.jpg「トムテのおもちゃ箱」さんに呼ばれ長崎に講演に行った時にNBC長崎放送のラジオ番組の取材を受けました。
話した内容は私が最近よく話している
「子育てのあいうえお」についてです。

アナウンサーが作っている
放送局のブログ 
にも紹介があります。

実際の放送内容はこちらから聴くことができます。
1408heiwa3.jpg
8月9日(土)18:30〜
「平和のための読書会」パート2を開きました。
今回は「日本国憲法とジョン・レノンのイマジンを比べてみる」という企画。
一般の主婦、お父さん、保育園の先生…など14人の方が来てくださいました。
在日コリアン2世の李恵順(リ・けいじゅん)さんには前回に続いてお手伝いしていただきました。

アーカイブ