第5回「あそびをまな部」実施報告

CIMG1347.JPG

10月のあそびをまな部は「絵本・読み聞かせについて with 柿田」をテーマに行いました。店長の柿田と山崎は毎月お店で読み聞かせの会をしていて、さらに自宅の家庭文庫や地域の保育園や学校にも行っています。そんな二人の体験談やお店でお勧めの新刊の紹介をしてもらいました。

CIMG1337.JPG

はじめに、自己紹介で参加者の方に思い出の1冊の絵本をお聞きしました。「ぐりとぐら」「エルマーとりゅう」「もこもこもこ」「はらぺこあおむし」など、百町森で今でも人気のロングセラーの本がほとんどでした。いろんな方に思い出の1冊を聞いて、その人の子どもの頃を想像するのが私のひそかな趣味でもあるのですごく興味深かったです。ちなみに私は、「くまのコールテンくん」です。

CIMG1355.JPG

最近の私のお気に入りの「にんじん だいこん ごぼう」の絵本を読ませていただいて会がスタート!新刊の紹介では、12月号の通信で相沢も紹介した鏡の絵本「ふしぎなにじ」と「きょうのおやつは」をまずはご披露。ぜひ手にとって、鏡の絵本の世界を楽しんでもらいたいです。この絵本の誕生秘話?はコプタ通信をぜひ見てください。

CIMG1374.JPG

おはなしは山崎の担当。始める前に幼い子の詩集パタポンより「青い青い秋ですよ」という詩をよんでくれました。お話は「まのいいりょうし」こちらはおはなしのろうそく21からです。絵本を読むときとおはなしをするときで読み手、語り手の目線の違いや暗記して読むことの意味などの話題も出ましたよ。

そして、恒例おやつタイムでは、園での読み聞かせのときについての質問や、乳児の絵本の扱い方についての質問などがたくさん出てよい意見交換の場となりました。とくに、「どんな風に読むかも大切だけれど、一番重要なのは、何を読むか、選書だと。感情過多になってしまう絵本はあえて選ばない」いうことが今回印象に残りました。

名称:
イーヨーのワンコイン勉強会 あそびをまな部
開催日:
2014/10/25(土),11/22(土)
時間:
18:30〜20:00(1時間半)
場所:
百町森 プレイオン
料金:
一般 600円 会員500円 (税込み)
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ