「はじめての美術 絵本原画展2013」内覧会行ってきたよ

静岡市美術館で開催中の題記の展覧会。オープン前日の内覧会に行ってきました。許可を得て、写真も撮らせて頂いたので、ご紹介します。貴重な原画を見ることができる貴重な展覧会です。この機会をお見逃しなく。ついでに百町森にもお寄り下さい。

式典の様子 ミュージアムショップには、バックナンバーの古本が!
絵の高さは、子どもが見やすいよう、通常より15cmほど低くしてあるそうです。ときどき、クイズのような問いかけがあります。 原画に対応した絵本を手に取って読むこともできます。
場面に対応した文はありません。きっと絵そのものを味わってほしい、という意図でしょう。 この布の向こうは、靴を脱いで座れるスペース。展示されている原画の絵本が置いてあります。
スタッフの方が読み聞かせをしてくれました。 長新太さんのコーナー
「こんとあき」 「しょうぼうじどうしゃ じぷた」
年期を感じます。50年前ですから。 矢吹申彦さんは、合板に描いているのがよくわかる。
入口でパチリ 白を基調にした美しい空間です。
名称:
はじめての美術 絵本原画展2013
詳細ページ
開催日:
2013年09月14日(土)〜10月27日(日)
時間:
10:00〜19:00
場所:
静岡市美術館
料金:
一般800円、大高生・70歳以上600円、中学生以下無料
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ