おかざきBRIO展行ってきたよ

ブリオ、スウェーデンで誕生し世界で愛されているおもちゃ・130年の物語

おかざき世界子ども美術博物館で開催中の「BRIO展 ブリオ、スウェーデンで誕生し世界で愛されているおもちゃ・130年の物語」を見てきました。スウェーデンのブリオ・ミュージアムからはるばるやってきた貴重な資料が展示されていて、ブリオ好きのみならず、木のおもちゃ好きには興味深い展示となっています。また、現在のブリオのおもちゃで遊べるコーナーも充実していて、子どもにも楽しい展覧会になっています。小さい子を連れたリピーターさんも多いみたい。今月29日までです。

美術館入口 看板
館内。入口 まず大きなクラウンがお出迎え
これがBRIOの始まりとなった伝説のカゴ! おもちゃの始まり「オズビィの馬」
今も続くロングセラー「ラビリンスゲーム」 そしてこれが、木製レールウェイシステムの記念すべき最初のモデル
「BRIOビルダー」の前のタイプ「BRIOメック」(基尺は同じ) ダッチー
スケッチがいい感じ 展示室は、このような什器が並んでいました。
乗れません(!) こちらも乗れません(!)
クラウンの変遷
クラウンのバリエーションもいろいろ ディズニーとのコラボ??
プルトーイ各種 ダッチーとその仲間たち
こちらもプルトーイ。たまごの引き車、なつかし〜 大きなサイズの車のおもちゃ。古き良き時代。
この消防車も大きかった。 これも大きな汽車セット
ドールハウス 車やらガソリンスタンドやら
BRIOメックの貴重な旧タイプ 織り機もなつかしい
乗り物 子どもが乗って遊ぶ遊具。カメなのがかわいい。
これも懐かしいBRIO製のトーマス 昔の新幹線
小さい子向けのおもちゃの体験コーナー
キッチンセット
組立おもちゃビルダーの体験コーナー 壁に作り方が
テーブルにパーツがずらり こちらも
レールで遊べる体験コーナー 大きなクラウンと、昔のブリオ製品
最後の大部屋には、記念写真コーナー 靴を脱いで、自由に床で遊べるようになっています。BRIOもたくさん置いてあります。
隣にはレイアウト済みのコーナー こちらもかなり充実しています。
名称:
BRIO展
詳細ページ
開催日:
2013年07月20日(土)〜09月29日(日)
時間:
平日 9:00〜17:00
場所:
おかざき世界子ども美術博物館
料金:
大人300円、小中学生100円
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ