暮らしのあれこれの最近のブログ記事

今回はちょっと硬いテーマです。

2016年4月から電力の供給は完全に自由化になりました。でも、今の私の日常では何の変化もなく普通に電気を使っています。常日頃、原発に頼らない、自然エネルギーの発電による電気が増えてくれればいいなと思っていますし、そんな電力を共給してくれる会社から電気を買いたいとも思っています。どうしたら良いのでしょうか?そして、その仕組みはどうなっているのでしょうか?知らないことだらけです。

『新電力と呼ばれる新規参入の発電事業者は風力や太陽光を使って電気を作ることはできますが、今のところ消費者に直接届けることはできません。したがって大手9電力会社の送電網を有料で使わせてもらわなければなりません。それが託送(使用料が託送料)です。』(静岡放射能汚染測定室発行「測定室便り57号」より)

さて、その託送料(送電費用)に福島原発事故の損害賠償費用とこれから先の原発廃炉費用を上乗せすることが、経産省の電力改革貫徹委員会で検討されています。国会で審議されることなく小委員会で決まってしまうそうです。

これは納得がいきません。国が決めてしまったからと言って変えられないことはありません。必ず政策には見直しが入るそうです。解らないことを知って、この事実について、声をあげるなどという大げさなことではなくてかまいません。

つぶやいて下さい。

家族も地球もみんなが喜ぶエネルギーの選び方について知るために、静岡県内リレー講演会があります。是非参加してくだ さい。

第一弾「大島堅一氏講演会&新電力会社アピールタイム」

 
  • 日時:2017年2月12日(日) 13:30?16:00
  •  
  • 場所:静岡県産業経済会館 大会議室(静岡市葵区大手町44-1)
  •  
  • 内容:
    • 第1部 基調講演 大島堅一氏講演会『えっ?何か変だぞ!「送電料金」?!新電力・原発コストを考えてみよう!』
    •     
    • 第2部 新電力のアピールタイム
  • 第二弾「飯田哲也氏講演会&新電力アピールタイム」

       
    • 日時:2017年3月4日(土) 10:00?12:00
    •  
    • 場所:三島市生涯学習センター 講義室
    •  
    • 内容:
      • 第1部 飯田哲也氏講演会『知ってる?新電力!日本の事情・世界の今!』(仮称)
      •     
      • 第2部 新電力のアピールタイム

    百町森は賛同団体として、各会場チケット(500円)を取り扱っています。詳しいチラシはこれからできます。 チラシができましたらまた、ご紹介させていただきます。

    百町森ではお客さま用のレジ袋を廃止して6年半(2010年5月~)がたちました。お買い物袋を御持参下さるお客様も とても増えてうれしく思っています。また、お買い物袋をお持ちではない方のために、不要の紙袋をリユースしています。 こちらは、お客様が持ってきてくださるものです。紙袋のご提供もありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

    さて、私事ですが、結婚する時、お祝いに知人から風呂敷をいただきました。それまでの風呂敷のイメージとは ちょっとちがうとてもおしゃれで素敵なものでした。長年愛用して、旅行の着替えを入れてスキー場や温泉、海外にも行きました。 子どもたちのキャンプや修学旅行にもお供しました。そして今も現役で活躍中です。

    今年も残りわずか。百町森の店内も来週からはクリスマス商品が並びます。
    すでに来年のカレンダーもほぼ揃いました。

    皆様、来年の手帳の用意はお済みですか?まだの方におすすめしたいのが、「主婦日記」です。私も長年愛用している ロングセラーです。日記というより手帳としてとても実用的で大好きです。でも実はここ数年は他の手帳に浮気して いました。その理由は重いからでした。日記ですからしょうがないのですが・・・・。

    ところが久しぶりに手にとってみると、前よりも軽くなっていました。ビニールカバーもついて、めくりやすく、これなら バッグに入れて持ち歩いても大丈夫。私が求めていた、持ち歩ける手帳&日記にとても近づいていました。 来年の手帳はこれで決まりです。

    中身は…

    まず、年間予定(見開きで1年分)、次に月間予定(見開きで1ヶ月分)その後に日記のページ(見開き で1週間分)。家族の健康メモ、献立のヒント、など至れり尽くせり。予定を書いて、日記を書いて、頭がよく整理できます。 そして、毎月の予定のページのエッセー、毎月の家事ごよみは必読です。

    試しに、来年から使ってみませんか?

    山崎直子

    主婦日記の表紙\

    『主婦日記2017』

    羽仁もと子案 860円+税 221頁 190g 18.5×13×厚さ1cm

    • 主婦日記 2017/羽仁もと子
    • 860円+税(8%税込929円)
    • 買物かごへ
    電話注文もできます。
    054-251-8700

    四国電力の伊方原発3号機が再稼動しました。これで現在稼動している原発は九州電力の川内原発1、2号機を入れて3機に なりました。こんなに地震の多い中、本当に大丈夫なのでしょうか?そもそも、どんな理由にせよ原発は稼動すべきではないと 思います。東京電力福島第1原発の事故で私たちはいろんなことを学んだはずなのですが・・・・。

    私たちは原発事故の恐ろしさを3.11で知りました。次に同じような事故が起きた時どうすればいいのでしょうか? どんなことであれ再稼動に反対していくことは重要です。さらにその気持ちを強固にするために是非見て欲しい映画をご紹介 します。

    「ヒロシマ、そしてフクシマ」はフランス人監督が肥田舜太郎医師(96歳)を追い、作ったドキュメンタリー映画です。

    肥田先生は、原爆投下の1945年8月6日以来、若い軍医として広島の被爆者の治療に当たり続けました。そのうち、この日 広島にいなくて爆撃を直接身に受けなかった人々が、後になって突然発病し、被爆者と同じ症状を示して死んで行くという 例を数多く目撃しました。それが内部被爆によるものであることを突きとめた先生は、それまで知らなかった内部被爆という ものの脅威を世界に向けて訴え続けています。(映画のパンフレットより抜粋)

    以下の肥田舜太郎医師の言葉をよーく反芻して下さい。お願いします。

    「いわゆる放射線被害というものは、どんな形であれ二度とあってはならない。どんな小さな規模といって、専門家が 安心だと言っても、全くの嘘ですから。放射線というものは人間の手にはおえない。」

    今回の上映会では、映画の前の講演会に参加することができます。聞間元先生のおはなしを聞いた後に映画をご覧になると よりいっそう理解が深まると思います。

    百町森でもチケットを扱っています。前売り1,500円 講演会と映画がセットでご覧いただけます。

    日時:2016年9月24日(土)

    • 13:00? 開場 
    • 13:30? 講演会「ヒロシマがすべての原点、世界遺産の真の意味」講師:聞間元(医師)
    • 14:30? 映画『ヒロシマ、そしてフクシマ』(15:30まで)

    肥田先生のことをもっとお知りになりたい方はブックレット「ヒロシマから「内部被ばく」と歩んで」がお薦めです。

    先日の第四回「遊びをまな部」は「子どもの脳と環境ホルモン?賢い脳を育てる暮らし方?」というテーマでプラムフィールドの馬場さんにお話していただきました。ちょっと堅いテーマでしたが、参加してくださった皆さんはとても熱心に聞いてくださり、すぐに役立つ情報もたくさんあり素敵な会になりました。

    環境ホルモンとは

    環境ホルモンとは、(1997年:環境省により指定成分が初めて公表)生体の成長、生殖や行動に関するホルモンの作用を阻害する性質を取っている化学物質。正確には「内分泌撹乱化学物質」と呼ばれている。生体内でホルモンのようなふるまいをして、体内ホルモンの働きを撹乱し、生体の生殖や発育機能に障害を与える。

    70種類に及ぶ物質が疑われており、7割が農薬。PCB、DDT、ダイオキシン類、海面活性剤の成分であるノニルフェノール(合成洗剤など)、フタル酸エステル(ラップなど)が私たちはよく目にするものでしょうか。

    (馬場さん資料より)

    これらは、すぐに死にいたるものではありませんが、人体や環境に蓄積され何代か先に影響が出る可能性もあります。微量でも、できるだけ取らないようにしなければなりません。

    環境ホルモンから身を守るためにできることを教えていただきました。

    1. 化学物質が蓄積しやすい脂肪分の多い近海魚や貝などの海の幸を毎日のように食べない。
    2. 脂肪分の多い乳製品や肉も毎日食べる事を控える。
    3. 食品添加物の多い食べ物を常食しない。
    4. 食べ物をプラスチックの容器に入れたり、ラップで包んだりすることを極力避ける。
    5. 農薬を大量に使って栽培した野菜や果物を避ける。
    6. 浄水器等を利用し、なるべくきれいな水を飲む。(静岡の地下水は全国的にも誇れる財産)
    7. こまめに換気し建材や壁紙などから出る化学物質を家の中から減らす。
    8. 家や庭で殺虫剤、除草剤、防虫剤などをむやみに使わない。
    9. 服や寝具、おもちゃなど子どもが使うものはできるだけ天然素材のものを選ぶ。
    10. ダイオキシンの発生源となる塩素系のプラスチック製品は、使わずゴミとして出さない。

    (日本大学生物資源科学部、片瀬隆雄教授の提言 1998年)

    さらに、化学物質を体内に取り込む際の経路の話は興味深いものでした。化学物質が体内に入る毒性は、口からが、1だとすると、皮膚からは4?12倍、呼吸器からは24倍?120倍になるそうです。

    この季節、とりわけこどものいる家庭にとって虫除けスプレーと、蚊取り線香は必需品です。市販の製品はどちらも農薬が入っていますが、まともに吸い込んでしまいます。

    そこで、百町森では長年、夏の定番として、安全な蚊取り線香と、虫除けスプレーをお薦めしています。

    また、レモンユーカリオイル(10CC、2,100円+税)を使って作る手作りの虫除けスプレーは特にお勧めです。オイルをお求めの方には作り方レシピを差し上げています。

    また、消臭や除菌の目的でスプレーがもてはやされていますが、スプレーに頼らず、換気、拭きとるなどで解決してほしいと思います。

    ミツバチは蜂蜜を提供してくれるだけではありません。ミツバチは果実を実らせるための受粉も行っているのです。ところが、このミツバチが世界的に激減。その原因の1つはネオニコチノイド系の農薬であることがわかってきました。そこで、ヨーロッパでは使用が一時的に中止され、韓国やアメリカでも規制が始まっています。

    いつも、リユース袋のご提供ありがとうございます。昨年末より袋が不足気味でしたが、大勢の方が続々届け下さいました。おかげで、店頭で大活躍しています。

    さて、リユース以上にもっと広がってほしいなと思っていることに、リフューズ(断る)があります。百町森でマイバッグ持参をお願いしているみたいなことです。

    アーカイブ