読み聞かせに向いている絵本 9         『はなを くんくん』

|

寒い中にも少しだけ春のきざしが感じられるようになった今日この頃ですね。そんな時に読むのにいい絵本を紹介します。
ルース・クラウス文 マーク・シーモント絵 木島始訳 『はなを くんくん』本体価格1100円
のねずみ、くま、かたつむり、りす…、冬眠していたいろんな動物がある匂いに誘われて目を覚ましはじめました。みんな鼻をくんくんさせています。その匂いの元は何だと思いますか?そのページにいくと、誰もが微笑んでしまいます。
無彩色、細密画に近い味のある白黒の絵。でも、匂いの源だけは黄色の色がついています。これが実に効果的!うまい!詩のようなリズミカルに流れる文も楽しい!アートの香り高い絵本です。
2歳くらいの小さな子から楽しめます。小学高学年や中・高生の場合長い話の前や後にいいですよ。
文は『シャーロットのしろいうま』のクラウス。絵は『木はいいなあ』のサイモント(シーモント)です。


  • はなをくんくん/ルース・クラウス
  • 1,100円+税(10%税込1,210円)
  • 買物かごへ

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ