森の仲間さがし



森の仲間さがし:2014年12月からこのパッケージに変更されています。 森の仲間さがし:森の動物は、ハリネズミ、ウサギ、イノシシ、フクロウ、キツネの5種類。分かりやすいように、カードの縁取りの色で、木製タイルの動物が塗られています。 森の仲間さがし:初期配置。10枚の木製タイルを丸く並べます。 森の仲間さがし:山札をめくったらキツネでした。10枚の木製タイルにキツネは1匹だけなので、あと3匹どこかの裏面に隠れています。ごほうびの木のコインを3枚置いてスタートです。 森の仲間さがし:シュテッフェンさんの絵もいい味を出しています。 森の仲間さがし:得点をしめす木のコイン
  • STF 森の仲間さがし
  • 3,600円+税(10%税込3,888円)
  • 販売終了
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

分かんなくて笑える

気楽に楽しめる記憶ゲームです。登場する動物はキツネ・ウサギなど5種類。10枚の丸い木製タイルの両面にそれらの動物が描かれています(一つの動物は4つの面に描かれています)。このタイルの中から目的の動物を探し出すのです。

下写真は、キツネのカードをめくったところ。見えているキツネは1匹なので、あと3匹どこかに隠れています。木のコインを3枚置いて、次のプレーヤーは、木製タイルを1枚めくります。もしキツネが出たら、木のコインを1枚もらいます。順番にプレイしていって、4匹目のキツネを見つけた人は、木のコインだけでなくカードももらえます。その人が、次の山札をめくり、木のコインを置いたら、次の人からプレイを続けます。12枚のカードを全部終えて、たくさんコインとカードを持っている人が勝ち。

森の仲間さがし

ここがお薦め

ルールは簡単です。でもどこにどの動物がいたかを覚えておくのは簡単ではありません。何度も見ているはずなのに、誰も4匹目を探せない…この混沌とした状況をお楽しみ下さい。

「ごきぶりポーカー」や「ツィフツォフ」などドライマギア社から色々な子ども用ゲームを出してきた Jacques Zeimet さんの作品です。最近では、「おばけキャッチ」(ツォッホ社)もヒットしていて、注目の作家です。そんな Zeimet さんが、今度はなんと Steffen Spiele 社から出してくれました。Zeimet さんのゲーム性と、Steffen さんのデザイン性が見事にはまった傑作です。

仕様変更(2014年12月)

妖精カードがなくなりました。個人的には妖精カードは複雑になるため使っていなかったので、なくても面白さに変わりはないと思います。また、パッケージデザインが変わりました。

商品詳細

年齢: 5歳〜
人数: 2〜6人
時間: 10〜20分
作: Jacques Zeimet
絵・デザイン: Steffen Mühlhäuser
箱寸法: 14×14×5.5cm
部品寸法: φ5cm(木製タイル)
素材: 紙、木
内容: 木製タイル10、木のコイン36、カード10
製作: シュテッフェン社 (ドイツ)
生産国: ドイツ
注意事項: 2014年12月よりパッケージ変更。カードが12枚から10枚になりました(妖精カードがなくなったため)。
受賞: spiel gut
規格: CE
安全性: 3才未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2010年
原著: findevier
分類: 記憶

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ