テディ・メモリー


テディ・メモリー:箱表面 テディ・メモリー:箱裏面 テディ・メモリー:カードの例
  • TR21917 テディ・メモリー
  • 1,800円+税(10%税込1,980円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

可愛いクマのメモリー

商品の説明

小さい子向けの神経衰弱です。裏はみんな同じ形ですが、表は色〜んなクマがいます。このクマを見ているだけでも楽しい。

ゲームができる年齢の目安を、百町森では3歳と考えていますが、このテディ・メモリーはなんと2歳半から。通常のカードよりも厚く丈夫になっています。

お薦めポイント

  • とにかく色んなクマがいて可愛い。
  • カードが大きい(7.8×13.8cm)。
  • キンダーメモリーよりもカードが厚くて(パネルパズルと同等以上2.2mm)丈夫。しっかりしているので、めくりやすく、つかんでも折れない強さ。

3歳前の遊び方

  • 2歳半だと、ルールに従って遊ぶのはまだ難しいでしょう。同じカードが2枚あるので、ペアの2枚を並べるところから始めましょう。12種類あるので、半分に減らしてもいいです。同じ絵のカードが2枚ペアになっていることを確認しながら、「アイスクリームを食べてるね」「パンダだね。笹を食べてるね」といった感じで、特徴を言葉で表現するきっかけとして使ってみてください。
  • 慣れてきたら、絵探しのような遊びもできます。例えば、ペアの片方を表にして並べ、ペアの片割れを大人が持って、1枚ずつ「これはどこ?」と手渡し、同じ絵の上に重ねたりするのも楽しいです。
  • このほか、勝ち負けなしの「説明ゲーム」もできます。一人がカードを選んで、そのクマの特徴を言葉で説明して、次の人に手渡します。もらった人は、言葉で聞いたクマの特徴と、手に持っているカードをヒントにして、同じカードをさがします。

ゲームとしての遊び方

  1. 記憶ゲーム:神経衰弱と同じです。12種類全部を使う必要はありません。3〜4種類から始めてもいいと思います。
  2. 反射ゲーム:場に伏せたカードを一人1枚ずつ順番にめくっていきます。同じ絵のカードが2枚表になったら、早い者勝ちでそのクマがどんなクマかを説明し、その2枚をもらうことができます。

厚さメモ

  • キンダーメモリー、恐竜メモリー:1.2mm前後
  • テディ・メモリー、ビークル・メモリー:2.2mm前後
  • マイファーストメモリー、ミットグッチ・メモリー:3.1mm前後

商品詳細

年齢: 2歳半〜5歳
人数: 2〜4人
時間: 10分
絵: Katrin Lindley
コンセプト: Angelika Kipp
デザイン: ラベンスバーガー社
箱寸法: 19×19×4.5cm
部品寸法: 13.8cmL(カード)2.2mm厚
素材:
内容: カード24
製作: ラベンスバーガー社 (ドイツ)
受賞: ゆうゲームズ
規格: CE
初版発行日: 2002年
原著: Teddy Memory
分類: 記憶

商品の仕様(色、材質、形状、パッケージなど)は予告なく変更することがあります。

おもちゃ