サウンドカルテット


サウンドカルテット: 
  • RAV サウンドクアルテット
  • 1,200円+税(10%税込1,320円)
  • 買物かごへ
  • 問屋取寄せ品(納期約1週間)を予約:
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

ホーホー、モーモー、タッタラ〜!とにかくにぎやか

動物の鳴きまねを使って、同じ動物カード4枚を揃えていくユニークなカルテット。みんなで、メェメェ、モ〜モ〜、ブーブーと、動物になりきって鳴きましょう。

4枚の動物カードのセットをたくさん作った人が勝ち。とてもにぎやかなゲームです!

遊び方

このカルテットでは、プレーヤーの名前を言いません。その代わり、そのプレーヤーが持っている「私の動物」カードの動物の鳴き声で呼びかけるのです。例えば、「たかし君」と呼ぶ代わりに、たかし君の前に置いてある馬カードを見て「ヒヒーン」と呼びかけるのです。

はじめに、「私の動物」カードの中から、各プレーヤーが好きな動物を選んで、自分の前に置きます。そして、動物カードを7枚ずつ配ります。

  1. 自分の手番では、一人のプレーヤーを選んで、そのプレーヤーが欲しい動物カードを持っているかどうか質問します。その際、相手の持っている「私の動物」の鳴きまねをし、続けて自分が欲しい動物の鳴きまねをします。
    例)「私の動物」がふくろうのプレーヤーに、ウシのカードを持っていますか?と聞く場合、「ホーホー」「モーモー」
    • 質問されたプレーヤーは、求められたカードを持っていたなら、そのカードを質問したプレーヤーに渡します。手番プレーヤーはもう一度質問ができます。
    • 持っていなかったら、「ぶ〜」とオナラの真似をしてあっかんべーをします。手番プレーヤーは、山札から1枚カードを取って手札に加え、次の人の番になります。
  2. 同じ動物カードが4枚揃ったら「タッタラ〜!」と大きな声で言ってから、その動物の鳴きまねをして、自分の前にその4枚を並べます。
  3. 手持ちのカードがなくなったプレーヤーが出た時点でゲーム終了。4枚揃った動物をたくさん集めた人が勝ちです。

ここがオススメ

  • 定番ゲームのカルテットのアレンジ版なので、遊びやすい。
  • 通常のカルテットの場合、「◯◯さん、△△の3を下さい」といった感じの理路整然とした質問になりますが、このゲームでは、動物の鳴きまねなので、もっと感覚的な楽しみ方ができ、にぎやかに楽しめます。
  • また、通常のカルテットだと、4枚セットが8組あり、その全てが配られた状態でゲームが始まります。つまり、「自分の欲しいカードを必ず誰かが持っている」わけです。それゆえ、論理的な推理が可能になり、ハラハラするようなゲーム展開になることもあります。しかし、このゲームでは、そもそも山札があるので、自分の欲しいカードが山の中にあるかもしれません。そのため、論理的志向というよりも、今目の前で、ブタのカードが、AちゃんからB君に移動したという事実を記憶しておけば、勝つチャンスが生まれます。
  • 山札があるので、運の要素も強い。

商品詳細

年齢: 5歳から
人数: 3〜6人
時間: 15分
作: Sensalot / Arthur Scholten
絵: Gabrila Silveira, handmade types
箱寸法: 11×18×3.5cm
部品寸法: 6×9cm(カード)
素材:
内容: 動物カード52枚(13種×4枚)、「私の動物」カード6枚
製作: ラベンスバーガー (ドイツ)
生産国: チェコ
規格: CE
初版発行日: 2016
原著: 23408 Sound Quartet
分類: 運、記憶、推理

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ