ラベンスバーガー社の高品質なパズル

2008年に創業125周年を迎えたドイツ・ラベンスバーガー社は、「クイップス」「キンダーメモリー」などのゲームでお馴染みですが、実はパズルもすごいんです。創業9年目の1891年には、最初のパズルを商品化しているので、その歴史はなんと120年!

長い歴史に加え、出版やゲームの技術ノウハウも(おそらく)つぎ込んだ品質はダントツです。優れた印刷とカッティング技術による遊びやすさ、クッとはめ込んだときの気持ち良さはもちろん、簡単には壊れない耐久性、テカテカと反射するのを防ぐ絹目の紙、描かれている絵の質の高さなど、どれを取っても満足のいく仕上がりになっています。

*右上の写真は、ラベンスバーガー社の本社に展示されていた昔のパズル。これも地図になっていて、国(地域?)単位で1ピースになっている。(2004年9月柿田撮影)

ラベンスバーガー社は、パズルだけでなく、本やボードゲームなども作っています。それらの技術ノウハウの相乗効果で、魅力ある製品が生まれています。

ピースの側面。ラベンスバーガー社のものはプレイオンで遊ばれているものだが、全く隙間がない。他社のものは新品にも関わらず、すでにはがれや隙間が見られる。

ピースの表面。ラベンスバーガー社(左)とA社(中)はつやのない紙を使っているのでテカリが少ない。絹目のエンボス加工をした紙を使っているラベンスバーガー社は、さらにテカリが少なく、自然で落ち着いた感じに仕上がっている。

ラベンスバーガー社の新作パズル

百町森が愛するドイツ・ラベンスバーガー社のパズル。

子どもが遊んでも簡単にはへこたれない耐久性、印刷の美しさ、そして品のある可愛らしいデザインなど、どれをとってもピカイチです。

このラベンスバーガーへの強い想いのもと、百町森では独自にセレクトしたパズルを海外発注して取り寄せています。他ではあまり見ることのないアイテムもありますよ♪

おもちゃ