百町森ホーム > 本・絵本 > クリスマス > クリスマスキャロル

クリスマスキャロル

クリスマス・イブの夜、けちで気むずかしい孤独な老人スクルージに忠告を与えるために3人の幽霊がやってきた。過去、現在、未来のクリスマスの影が次々に映し出され、スクルージのかたくなな心が次第に「地には平和、人には善意」というキリスト教の精神にめざめていく。

ちょっとご都合主義的なぐらいだが、この物語が書かれた19世紀の当時のイギリスはクリスマスの風習もかなりすたれていたそうで、この話は貧しい子どもたちの悲惨な有様を知った作者が、それについて訴えようとして書いたもの。

この作品以後、イギリスではクリスマスの意味が再び注目され、いくつかのクリスマスの習慣が戻ったそうです。

画像を拡大する

クリスマス・キャロル(愛蔵版)

作:
チャールズ・ディケンズ
年齢:
小学校高学年〜
  • 愛蔵版 クリスマス・キャロル
  • 2,100円+税(10%税込2,310円)
  • 買物かごへ
画像を拡大する

クリスマス・キャロル

作:
チャールズ・ディケンズ
年齢:
小学校高学年〜
  • クリスマス・キャロル/R・インノチェンティ
  • 3,500円+税(10%税込3,780円)
  • 販売終了
画像を拡大する

クリスマス・キャロル

絵:
リスベート・ツヴェルガー
年齢:
小学校高学年〜
  • クリスマス・キャロル/ツヴェルガー
  • 2,816円+税(10%税込3,041円)
  • 販売終了
画像を拡大する

岩波少年文庫 551

クリスマス・キャロル(岩波少年文庫)

作:
ディケンズ
年齢:
小学校高学年〜
  • 岩波少年文庫551クリスマス・キャロル
  • 640円+税(10%税込704円)
  • 買物かごへ


サブコラム

メインコンテンツに関連した内容