クリスマス・キャロル


クリスマス・キャロル:クロス貼り、金箔押しの豪華な造本

ロベルト・インノチェンティ

1940年イタリア・フィレンツェ近くの小さな町に生まれる。第二次大戦後の苦しい生活の中、13歳で鉄工所で働く。18歳で勤めはじめたローマのアニメ・スタジオがきっかけとなって、画才が花開き、本の装丁、アニメ、劇場用ポスター等で活躍、イラストレーターとしての地位を確立する。「ピノキオ」「シンデレラ」などの作品で、ニューヨーク・タイムズ紙などに「希有の画家」と評される。

  • クリスマス・キャロル/R・インノチェンティ
  • 3,500円+税(8%税込3,780円)
  • 販売終了
電話注文もできます。
054-251-8700

独自のリアリズムで、その世界を描き込み2008年国際アンデルセン賞を受賞したインノチェンティの「クリスマス・キャロル」です。原作の初版の挿絵(ジョン・リーチ画)は、岩波書店の愛蔵版少年文庫版で見ることができ、雰囲気を十分味わうことができますが、この本では、インノチェンティが、18の印象的な場面を見事に表現してくれます。例えば、スクルージ&マーレイ商会のある寒々とした路地の様子や、事務員ボブ一家の心温まるクリスマスの様子が丁寧に細部まで描かれています。

物語はダイジェストではなく全訳ですから、結構ボリュームがあります(絵本ではありません)。装丁もクロス貼り金箔押しの函入り、インノチェンティによる美しいカラー挿絵、これ以上は望めないほどのぜいたくな豪華版です。

(佐々木、2009年11月26日)

クリスマス・イブの夜、孤独な金貸しのスクルージを訪れた3人の幽霊。イタリアの画家インノチェンティの神秘的で立体感のある絵が、ディケンズの名作の世界へ誘います。クロス装・ケース入りの愛蔵版です。 画家ロベルト・インノチェンティが2008年国際アンデルセン賞受賞しました!!(出版社サイトより)

金儲け一筋の商売をしているひねくれ者の老人スクルージ。クリスマス・イブの夜、かつての相棒の亡霊が現れ、物欲に取り付かれた人間がいかに悲惨な運命となるかを教えてくれる…。社会批判的な文学で知られる作者の名作の一つ。オリジナルの挿絵がカラーで見られて嬉しい。

(柿田、コプタ通信より)

商品詳細

年齢: 小学校高学年〜
作: チャールズ・ディケンズ
絵: ロベルト・インノチェンティ
訳: もき かずこ
寸法: 31×22cm
内容: 152p、函入り、布貼り上製
製作: 西村書店 (日本)
初版: 1991年12月
原著: 1990年

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本