岩波ジュニア新書 553

身体感覚を開く 野口体操に学ぶ


身体感覚を開く 野口体操に学ぶ:のぐちくんのたいそう 身体感覚を開く 野口体操に学ぶ: 身体感覚を開く 野口体操に学ぶ:写真がわかりやすい
  • 身体感覚をひらく―野口体操に学ぶ
  • 900円+税(10%税込972円)
  • 販売終了
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

「競技力向上を目指すスポーツ選手も、演劇や音楽の道を志す人も、からだを動かすのは苦手だという人も、『より速く、より高く、より強く』を目指す従来型のトレーニングとはまったく異なる運動で、身体の感覚をひらいてみませんか?四股、やすらぎの動き、上体のぶらさげ…、野口体操のさまざまな動きをわかりやすく紹介します。」という裏表紙の紹介にもあるとおり、動きの本質を知ったり、身体が喜ぶ生き方のヒントになる本だと思います。

巻頭の「のぐちくんのたいそう」や、本の中の写真を見ながら、気軽に身体を動かしてみて下さい。中には肩こりに効く「背中の百面相」なんてのもありますよ。試してみて、もしずっと続けられたなら、一生付き合えるツールを手に入れたことになりますよ。

内容紹介

この本は、「より速く、より高く、より強く」をめざす、これまでのスポーツトレーニングとは全く異なる運動、そしてその考え方を紹介します。

スポーツに適したからだをつくるためには何が必要だと思いますか? 筋力トレーニングやウエイトトレーニングでしょうか?もちろん筋力やパワーが必要な場合もありますが、大切なのは、まわりの状況に応じてからだを動かしたり、自らの感覚を生かしてからだを動かすことなのです。

そのためには、「身体感覚」が重要です。

スポーツだけではありません。演劇やダンス、音楽などの身体表現をするためにも、そしてなによりも、健康的な毎日を送るためにも、この身体感覚を磨くことは大切なことなのです。

それでは、身体感覚を磨くためにはどうすればよいのでしょうか?

本書は、「野口体操」の動きを具体的に紹介しながら、身体感覚を磨く方法を探っていきます。

競技力向上を目指すスポーツ選手も、演劇や音楽の道を志す人も、からだを動かすのは苦手だという人も、本書を読んで、ぜひ、ここに紹介されている運動を実践してみてください。これまでに味わったことのない「何か」を味わうことができるかもしれません。

目次

  • カラーイラスト・やってみよう! のぐちくんのたいそう。
  • 1 「からだ」が気持ちいいと感じるのはどんな時?
  • 2 筋トレだけでは本当の身体は作れない
  • 3 野口体操に学ぶ身体感覚
  • 4 からだに気づくためのエクササイズ

(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 中高生〜
著: 羽鳥操、松尾哲矢
寸法: 17.5×10.5cm
内容: 151ページ
製作: 岩波書店
初版発行日: 2007年01月19日

関連商品ほか

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

関連する商品/記事

本・絵本