岩波ジュニア新書 538

カラー版  アニメーションの世界へようこそ


カラー版  アニメーションの世界へようこそ:愛知万博でのヤマムラアニメーション博物館 カラー版  アニメーションの世界へようこそ:アニメーションの歴史:テアトル・オプティーク(光学劇場) カラー版  アニメーションの世界へようこそ:アニメーションの技法:切り絵アニメーションのユーリ・ノルシュテイン カラー版  アニメーションの世界へようこそ:アニメーションの原理がわかるソーマトロープ カラー版  アニメーションの世界へようこそ:フェナキスティスコープ カラー版  アニメーションの世界へようこそ:ゾートロープとプラキシノスコープ
  • カラー版 アニメーションの世界へようこそ
  • 980円+税(10%税込1,058円)
  • 販売終了
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

愛知万博の「ヤマムラアニメーション博物館」に、私は偶然足を踏み入れました。家族と一緒にそのパビリオンの1階にあるロボットの展示を見に行った時、「2階には何があるんだろ?」と思って上がっていってびっくり。壁に山村さんの絵が直接描かれていて、「頭山」のボードがどーんと置いてあったのです。私はかなり興奮しながら、そしてその内容にしびれながら展示を見ました。アルタミラ洞窟の壁画から始まって、フェナキスティスコープやゾートロープといった、アニメーションの原理を伝える展示が充実していて、しかもそこで使われている絵は山村さんの絵なんです。実際に触って動かしたり、中に入ったりできる展示もあって、子どもを飽きさせないよう工夫もされていました。

その時、「山村さんは、アニメーションを本当に愛しているんだなぁ」とひどく感心したことを覚えています。作家として表現にこだわる人でありながら、万博という場では、自分のアニメーション作品にこだわらず、アニメーションの面白さ・楽しさを子どもにも楽しめるような形で伝える。「愛」がなければできませんよ。もちろん、展示物のあちこちに山村さんの絵が使われていたり、立体的なオブジェもそうだし、壁のいたるところに直筆の絵がいっぱいあるので、この空間そのものが一つの作品ですが。この時以来、山村さんは私にとって、「アニメーションを愛する人、しかも、歴史にも詳しい人」になりました。

そんな山村さんが中高生のためにわかりやすく書いたこの本ですから、面白くない訳がありません。歴史はもとより、ノルシュテインやゼマンといった各国の作家・作品の紹介、また自身の作品や作り方も紹介してくれます。アニメーションの広くて深い世界への入門書としてお薦めです。

はるか昔から、人間は〈動き〉を記録する試みをしてきました。古代の壁画や日本の絵巻をはじめ、絵の動く仕掛けおもちゃ、映画の誕生などを見ながら、アニメーションのさまざまな姿をたどります。「頭山」などの作品で、世界的に活躍しながらも手作りにこだわる作者が、その魅力と作り方を楽しく案内。(出版社サイトより)

目次

I アニメーションの世界の深くて長い道のり
愛知万博でのヤマムラアニメーション博物館/足がたくさん描かれた動物??アルタミラの洞窟画/アニメーションと映画の違い/アニメーション技法あれこれ/日本のアニメーションの歴史 etc
II『頭山』が生まれるまで
中学生で自作アニメーションを/自分の中から出てくるキャラクターを形にする/子どものワークショップで作った『どっちにする?』/光と影をどう描くか??『頭山』 etc
III アニメーションの作り方
アニメーションの原理がわかる視覚玩具/見ている人の想像力が絵を動かしている/アニメーションの作り方??企画・原案/シナリオ・絵コンテ/レイアウト・動画/ナレーション・音楽/公開・発表 etc
IV 山村浩二Q&A

内容紹介

2003年、日本の落語を題材にしたユニークなアニメーション短編『頭山』で、著者の山村浩二さんは、日本人で初めてアカデミー賞短編アニメーション部門でノミネートされました。数々の作品は世界の映画祭で上映され、ヤマムラワールドは各国でファンを増やしています。

この本では、アニメーションの歴史と魅力をヤマムラ流で楽しく紹介します。I章では、はるか昔から人間の夢でもあった「〈動き〉を記録したい」という試みを、古代の壁画や日本の絵巻などでたどります。また、視覚のしくみや錯覚を利用した、絵の動く仕掛け玩具も解説。現代のアニメーションが誕生するまでの、はるかな時間の旅が楽しめます。

さらに、2006年8月上旬に東京・ユーロスペースで公開される新作『年をとった鰐』の絵コンテ、原画などを材料に、アニメーションの作り方をていねいに説明。ファンには垂涎、また、アニメーションをなにげなく見ていた人にも発見の連続です。

世界的に活躍しながらもつねに〈手作り〉にこだわり、自分の中から出てくるものをどうやって形にするか、と試みつづける山村さんが、今まで気づかなかった広くて深いアニメーションの世界へみなさんをご案内します。(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 中学生〜
著: 山村浩二
寸法: 17×10.5cm
内容: 並製・カバー・182頁
製作: 岩波書店 (日本)
初版発行日: 2006年6月20日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本