わたしたちの島で


  • 岩波少年文庫 わたしたちの島で
  • 920円+税(8%税込994円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

淡々とした中にユーモアのある語り口にも思わずニヤリ。そして北欧の夏の美しい描写!夏休みにぴったりです。

もうじき映画が公開されます。まずは自分だけのイメージをつくるためにも読んでみて。

あらすじ

作家の父と4人の子どもからなるメルケルソン一家は、夏の間ウミガラス島の古い家を借りて過ごすことに。

父親は子どものようにむきになりやすく、不器用で涙もろい、愛すべき人物です。

19歳の姉のマーリンはきれいで賢い一家の大黒柱。三人の弟たちは押し寄せるボーイフレンドたちの中の誰かが姉さんをさらっていかないか心配しています。

さて、一家は小さな島の暮らしに溶け込み村人たちとも仲よくなります。子どもたちは近くの島に探検に出かけて濃霧の中で遭難しかけたりもしますが、ウサギを飼ったり、隠れ家をつくったり、夏を満喫します。

すっかり島が気に入った一家はクリスマスや春休みにも訪れます。翌年の夏には迷子の子アザラシや子ヒツジも仲間入り。

ところが、一家が借りていた家が売られることになり、買い手が下見に来ます。あまりの衝撃にしょげ返る一同。一家は立ち退かなければならないのでしょうか…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結論からいうとハッピーエンドなのですが、そこに至る大どんでん返しには一家の末っ子と隣家の女の子の大活躍があるのです。

この女の子‘チョルベン’ちゃん、いい味出してます。他の登場人物も彼女に劣らず個性的。

ちなみに作者は「長くつしたのピッピ」や「ロッタちゃん」でおなじみのリンドグレーン。面白いわけです。

小学校高学年から。大人にもぜひ!

(コプタ通信2014年9月号より 築山真希子(つきちゃん))

商品詳細

年齢: 小学高学年〜
作: A.リンドグレーン
訳: 尾崎 義
さし絵: ロバート・ヘイズル
寸法: 17×12cm
内容: 238p 
製作: 岩波書店
初版発行日: 2014年5月16日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本