デジャブ 日本語版



デジャブ 日本語版:箱裏 デジャブ 日本語版: 
  • AMG デジャブ 日本語版
  • 2,592円+税(8%税込2,799円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

ふわっとした記憶系ゲーム

ガチ記憶系ゲームが苦手な私でも楽しめる「ふわっと記憶系」ゲームの傑作です。

どんなゲーム?

ギターやハンマーといった身近なものを描いた厚紙のタイルが36枚、それらの絵を描いたカードが36枚あります。カードには、ものが1つしか書かれていないこともあれば、3つも描かれていることもあります。すべてのカードをチェックするとわかるのですが、例えばギターは2回だけ登場します。他のアイテムも全て2回だけ登場するように作られているのです。

タイルを場に広げ、カードを伏せた山札にしたら、ゲーム開始。山札を1枚めくって隣に置きます。続いて2枚目をめくって、隣に重ねます。このようにめくっていくと、あるアイテム(例えばギター)が2回目に登場する瞬間が訪れます。

その時、「ギターが2回出た」と思ったプレーヤーは、かるたの要領で、ギターのタイルを取るのです。取ったタイルは自分の前に並べます。ただ、それが正解かどうかはわかりません。「ギターはまだ1回しか出ていない」と思っている人もいるでしょう。

実はこのゲームの優れているのは、この後ゲームを続けていくと、自然に間違いがわかるようになっている点です。もし、ギターが1回しか出ていないのに、勘違いしてギターのタイルを取った場合、カードをめくっていくうちに、2回目のギターが出てくるはずですよね。そうなると、ギターのタイルを取ったプレーヤーの間違いが判明するわけです。

間違えたら即脱落ゼロ点に

そして恐ろしいことに、間違えたプレーヤーはその場で脱落してゼロ点になり、あとは見ているだけなのです。そうなると、適当な気持ちでタイルを取りにいくのは、なかなかリスキーですよね。しかも、よく似たカード(例えば、時計と方位磁石)があるので、余計に難しくなるのです。

山札を最後までめくったらラウンド終了で、自分の前に並んだタイルの数が得点です。

3ラウンド繰り返すことで「これさっき見た!?」感がマックスに

さらにこのゲームの凄い点は、これで1ラウンドが終わったら、タイルを場に戻し、カードをシャッフルして、第2ラウンド、第3ラウンドまで行うことなのです。

つまり、ラウンドを重ねると、「ギター2回目来たー!いや、それはさっきのラウンドだっけ???」と段々訳がわからなくなっていくのです。ほんと、恐ろしいゲームですね。

子どもゲームのマイスター=ハインツ・マイスター

考えたのはハインツ・マイスター。子ども向けゲームを数多く作り、スティッキー、窓ふき職人、ナヌ!?、魔法のコマなど、傑作も多いので、百町森では以前から彼を「子どもゲームのマイスター」と呼んでいます。

デジャブとは、体験したことがないのに、体験したことがあるように思うことです。

このゲームには36枚のタイルと、36枚のカードが登場します。カードには1〜3つの絵が描かれています。この36枚のカードの中から3枚のカードを内容を見ずに抜き出し脇によけておきます。

残ったカードをよく混ぜて裏向きの山にします。そして順番に1枚ずつめくり、捨て札の山に置きます。プレーヤーは、カードに描かれている絵をしっかり覚えます。そして、2回目の登場だと思ったら、そのタイルを取ります。ゲームの途中で2回見たような気がした場合でも取ることができます。

めくったカードに既に取られているタイルが描かれていたら、そのタイルを取っているプレーヤーはそのラウンドはもうゲームに参加できませんし、そのラウンドの得点もありません。

また、ゲームが終わったとき、脇によけた3枚のカードを表にし、これに描かれているタイルを取っているプレーヤーも、このラウンドの得点はありません。

3ラウンド行って、最も取ったタイル枚数の多いプレーヤーの勝ちです。

3ラウンド行うと、どのラウンドで見た絵かわからなくなります。ラウンドごとにメモリーをクリアーする必要があります。

(輸入元サイトより)

商品詳細

年齢: 8歳くらいから
人数: 2〜6人
時間: 15分
作: Heinz Meister
絵: Jan Saße
日本語版デザイン: TANSAN
箱寸法: 13×17×5.5cm
素材:
内容: タイル36、カード36
製作: アミーゴ社 (ドイツ)
生産国: ドイツ
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
原著: deja-vu
分類: 記憶、スピード

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ