コンプレット 日本語版



コンプレット 日本語版:箱裏 コンプレット 日本語版:上下を逆にして異なる数字にすることができるのがスパイスになっている。
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

数字タイルを順番に並べるだけなのに悩ましい〜

自分の前にある22枚のタイルが、小さい数字から順番に並べば勝ち、というシンプルなゲームです。運や勘に依存する部分と、理詰めで考える部分のバランスが絶妙です。

「子どもゲームのマイスター」ハインツ・マイスターの傑作ゲームが、早くも日本語化されました。ドイツ語版では、4人までしか遊べなかったのですが、この版では6人まで遊べるようになりました!

小学生から大人まで、ゲーム初心者からゲーム好きまで、幅広い層が楽しめるゲームに仕上がっています。シンプルなルールをベースに、軽めの戦略性と運のバランス、そして数枚のタイルは上下逆に使えるというスパイスが見事を見事に調和させたのは、さすがハインツ・マイスターです。

また、2人でも楽しめる点も特筆すべきことでしょう。

1〜100までの100枚の木製タイルがあります。これを裏にしてよく混ぜ、各プレーヤーは17枚のタイルを裏のまま受け取って、自分の前に一列に並べます。残りは、テーブル中央に裏向きのまま残します。

そのあと、各プレーヤーは順番に、残された裏向きのタイルから1枚ずつ取って表にし、自分の列のどこかに入れます。これを5回繰り返します。こうして22枚のタイルの列ができます。

このゲームの目的は、この22枚のタイルに書かれている数字を左から右に向かって昇順に並べることです。したがって、あとから表にして入れるタイルも昇順にする必要があります。

手番になったらできることは2つのうち1つです。

  1. 中央にあるタイルを1枚取り、表にして自分の列の裏向きになっているタイルのどれか1枚と差し替えます。裏向きのタイルはそのままテーブル中央に戻します。この時も、見えている数字はすべて昇順に並んでいる必要があります。中央から取ったタイルと入れ替えられる伏せてあるタイルがない場合には、取ったタイルを表のまま中央に戻します。このタイルは、その後他のプレーヤーが中央から取るタイルとすることもできます。なお、表になったタイルを自分の列に置いて、接する隣のタイルと数字が連続している場合には連続手番が行えます。
  2. 自分の列の伏せてあるタイル1枚の位置を変えることです。これにより、置ける場所が狭くなったところを広げることもできます。

なお、このゲームのもう一つの特徴は、1,6,8,9の組み合わせを使った数字は、180度回しても意味ある数字となるため、どちらの方向に使ってもよいということです。もちろんいったん列に入れたらその方向の数字となります。

こうして、22枚全てが表向きの昇順に並んだら勝ちです。

このゲームでは、表向きになった数字は全員が分かっています。そのため、裏になって残っているタイルはだんだんわかってきます。かけるべき可能性がはっきりしてるのです。

(輸入元サイトより)

商品詳細

年齢: 8歳くらいから
人数: 2〜4人
時間: 30分
作: Heinz Meister
箱寸法: 19×27×6cm
部品寸法: 25×25×10mm(タイル)
素材: 紙、木
内容: 木製タイル100
製作: シュミット社 (ドイツ)
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2015
原著: Completto
分類: 数、運、戦略

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ