ドメモ



ドメモ:  ドメモ:1が1枚、2が2枚…7は7枚あります。 ドメモ:札は紙製。 ドメモ:台紙から外して組み立ててください。 ドメモ:数字の面が自分の方から見えないように、少し俯き加減になっています。 ドメモ:収納箱も折りたたんで入っています。 ドメモ:組み立て後 ドメモ: ドメモ:きれいに納まります。 ドメモ:  ドメモ:予備の札(数字なし)は買った時のパッケージにしまっておくといいかも。
  • 幻冬舎 DOMEMO(ドメモ)
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

推理と駆け引きの数字当てゲーム

見えない自分のカードを当てるゲームです。カードは1が1枚、2が2枚…7が7枚までの計28 枚。自分以外のプレーヤーのカード、場に出ているカードから推理します。当たれば、自分のカードは場に加えられます。カードが全てなくなれば勝ち。他のプレーヤーの推理にも大きなヒントがあります。シンプルで奥が深いランドルフさんらしい名作。

ここがお薦め:

  • ルールはシンプルだが、奥が深い。
  • 伏せられたタイルが、このゲームの鍵。これがないと、「見えていないカード=自分のカード」になってしまう。
  • 他の人の推理が大きなヒントになる。例:「1」(1枚しかない)が、どこにも見えない→つまり、自分のところにあるか、伏せた中にあるかのどちらか。→次の番で言ってみようか…→と思ったら、自分の前の人が「1」と推理した→つまり、自分も持っていない→伏せた中にある!
  • 3人までの場合は、推理が合っていたら、続けてプレイすることができるので、一発大逆転もあり、スリリングな展開が味わえます。

ルール(2人の場合):

  1. 全てのカードを裏向きにしてよく混ぜます。
  2. 7枚づつ取って、数字の面が自分に見えないようにカードを立てて並べます。
  3. 残りのカードのうち7枚を表に向け、場に並べます。残った7枚は伏せたまま。
  4. 手番が来たら、自分が持っていると思うカードの数字を言います。
    • 合っていたら、対戦者は、正解のカードを取って、場に加えます。
    • 間違っていたら、対戦者は「ありません」と言って、次の手番になります。
  5. 早く自分のカードをなくした方が勝ち。

商品詳細

年齢: 6歳〜
人数: 2〜5人
時間: 5〜15分
作: アレックス・ランドルフ Alex Randolph
箱寸法: 13×24×H2cm(販売用)、23×12.5×5.5cm(収納用)
素材:
内容: カード(スタンド付)28、予備カード4、収納箱(組立式)
製作: 幻冬社エデュケーション (日本)
分類: 思考、記憶、かけひき
おもちゃ