2017年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート

キングドミノ日本語版


キングドミノ日本語版:  キングドミノ日本語版:木製の王様コマ キングドミノ日本語版:こんな感じのタイルです。厚みがあります。 キングドミノ日本語版:タイルの種類 キングドミノ日本語版:タイル置き場に、人数分のタイルを裏の数字の順番に並べます。 キングドミノ日本語版:得点計算の例
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

ドミノのような土地タイルをうまく並べて、美しい王国を作り上げましょう!

今年のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)のノミネート作品です。8歳以上で15分、という百町森にぴったりの難易度です。

2色に分けられたドミノ上のタイルを、各プレーヤーが自分の王国に並べていきます。ドミノなので、すでに置いてあるタイルの一部につながるように置かなければなりません。5×5のエリアに置けなくなるまで置いたら得点計算をします。

同じ色のエリアが繋がっていたらその枚数分の得点が狙えるのですが、その色のエリアに王冠がないと0点です。逆に、王冠がたくさんあればその分得点が増えます。つまり、王冠の数×エリアのコマ数が得点になるのです。

ゲーム大賞ノミネートとしては、比較的わかりやすいルールですが、なかなか奥の深いゲームです。大人でも十分楽しめます。

プレイヤーは、並べられたタイルから自分の欲しいタイルを選び、それを自分の前に配置していくことになります。 この時の選択順は、直前に選んだタイルによって決まります。タイルには、番号が振ってあり、その番号が小さかった順に選択順が決まるのです。 大きい番号のタイルは、得点を獲得するために効果的なものが多く用意されています。つまり、直前に選んだタイルがより効果的だと思われるタイルであるほど、次のタイル選択の順番は遅くなってしまうのです。

効果的なタイルを選ぶことはとても重要ですが、そのあとのタイル選択の順番を踏まえることも、また、重要なのです。 もちろん、タイルのマス構成によって、小さい番号のタイルのほうが自分にとってより効果的だったり、配置の自由度が高い場合も多いでしょう。 このタイル選択の悩ましさは、手軽でありながら、非常にしっかりとした面白みを味合わせてくれます。

加えて、パズル的な面白さも、このゲームの魅力です。自分の王国は、最終的に5×5のマス目で構成されたものでなければならないため、タイルは配置する際には、安易に得点だけを考えていてはダメなのです。 地形の繋がりと、タイルに描かれた王冠の数によって最終的な得点が決まります。 うまく配置して、より高い得点を目指しましょう。

とても手軽なゲームではありますが、順番を踏まえたタイル選択の悩ましさ、パズル的な思考など、ゲームとしての面白さを存分に味わうことのできる、大推薦の一作です。

(輸入元サイトより)

商品詳細

年齢: 8歳〜
人数: 2〜4人
時間: 15分
作: Bruno Cathala
絵: Cyril Bouquet
箱寸法: 20×20×5cm
素材: 紙、木
内容: 立体の城4、ドミノ48、スタートタイル4、木の王様8
製作: ブルーオレンジ/テンデイズゲームズ (フランス)
生産国: 中国
規格: CE
初版: 2017(原版は2016)
原著: Kingdomino
分類: 戦略

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ