私の世界の見方


私の世界の見方: 
  • TDG 私の世界の見方
  • 3,500円+税(8%税込3,780円)
  • 品切れ。入荷未定
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

大人同士で気楽に楽しめる「大喜利」系パーティーゲーム

ガチ感のない、みんなでワイワイ楽しむコミュニケーション重視のパーティーゲームです。

2004年にドイツで発売され、ドイツ年間ゲーム大賞の審査員推薦作にも選ばれた傑作ワード系パーティーゲームが、ついに日本版として発売となりました。

親プレイヤーがお題カードを引き、その内容を読み上げます。 子プレイヤーは、お題カードの空欄に合うと思う単語を自分の手札の中から選び、出します。 誰がどのカードを出したのかわからないように、混ぜた後、親はそれらのカードを一通りみて、「お気に入り」の回答となる単語カードを選びます。 この選ばれたカードを出していたプレイヤーは、得点を獲得し、次の親プレイヤーとなります。

空欄を単語で埋めるだけの簡単なワード系ゲームですが、ひねりのある文章と一癖ある単語が多く、また、親プレイヤーもどういう基準で「お気に入り」の回答を選ぶか、発表されるまで予測がつかないため、意外な組み合わせの連続となり、大盛り上がりするでしょう。

例えば、こんな楽しい組み合わせが出てくるのです。

おばあちゃんがツイッターでつぶやいた

というお題に対する答えが

運命の選択、なう

あるいは、こんなお題

修学旅行で京都に行って、お寺をたくさん見たがもっとも印象に残っているのは

に対する答えは

通天閣

約390枚の単語と、180のお題という大ボリュームの内容になっており、何度遊んでも新鮮で意外な組み合わせが出てくるでしょう。

(メーカーサイトより)

ここがオススメ

  • お題のカードも答えのカードも用意されているので、ゼロから考えるしんどさがない。
  • 逆に、手札の中から選ぶので、意外な面白さを発見することも。
  • 自分のツボにはまって笑いをこらえながら出したカードがまったくウケない、なんて悲喜劇も。
  • Aにするか、Bにするか迷った上で、「Bは他のお題で使えるかも」なんて取っておいたBにぴったりのお題が来た時の「キター!!」感がすごい。

他のゲームとの比較

ガチ感ゼロの大喜利系ゲームの中でも、この「私の世界の見方」はハードルが低いのです。

ベストフレンドS

出題者の質問「マイベスト旅行先をどうぞ」に対して、他のプレーヤーはその人の行きたそうなところを考えて、書いて裏返して渡します。全員の回答が集まったら、出題者が一番と思う回答を発表し、それを書いた人が得点します。

  • 出題者の好みを考慮する必要があるので、知らない人同士だと盛り上がりにくい。
  • ゼロから答えを考える必要があるので、意外な発想は生まれにくい。

キャット&チョコレート

「アイドルに恋をした。仕事も勉強も手につかない」といったお題に、上手く答えられたか否かで勝負する大喜利タイプのゲームです。

例えば、「おかん」「ドライヤー」の順にオープンしながら、「おかんの頭をドライヤーでセットして、アイドルと同じ髪型にし、『あのアイドルもいずれはこんな姿に…』と想像することで冷静さをとりもどす」と宣言します。

  • 手札を使って答えを考える点は楽とも言えるが、逆にヒラメキが来ないと苦しい展開に。
  • 知らない人とも遊べますが、笑いのツボが近い方が盛り上がります。
  • 手番の人が考えて、発表→それを他の人が、成功か失敗か判断する、という流れなので、自分が考える時間よりも、他人のアイデアを判断する時間の方が長い。

私の世界の見方

  • 手番の人がお題カードをめくり、他の人がそれに対する答えを考え、手番の人が一番面白い答えを判断する、という流れは、「ベストフレンドS」と同じで、プレイヤーは毎回考える楽しみが味わえ、逆に手番プレーヤーは判断する楽しみが味わえます。
  • 手札を使って答える点は「キャット&チョコレート」に似ていますが、「キャット&チョコレート」は2枚もしくは3枚をつなげてひとつの文脈にしなければならないので、意外にハードルが高いのです。一方こちらは、手札から1枚選ぶだけで、展開も早い。
  • お題が一般的なので、知らない人とでも遊びやすい。

商品詳細

年齢: 10歳くらいから
人数: 2〜9人
時間: 30分
デザイナー: Urs Hostettler
素材:
製作: テンデイズゲームズ (日本)
初版発行日: 2015(オリジナルは2004年)
分類: コミュニケーション、大喜利系

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ