楽しい色並べ



楽しい色並べ:  楽しい色並べ:  楽しい色並べ: 
  • LC-11 楽しい色並べ
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

カテゴリ分けゲーム「どれの仲間かな?」をもっと簡単にして幼児からでも遊べるようにしました。もちろん、言葉を使って遊ぶゲームです。

ここがお薦め

  • リンゴプレイ社共通の特長である「言葉を使って成立するゲーム」です。
  • 7並べ的にカードを出していきますが、「7」に相当する絵の具カードがいつ出るかは、運と戦略次第です。
  • 子どもが親しみやすい「色」がテーマ。

こんなゲームです

カードは2種類あり、絵の具カード8枚と、イラストカードが24枚です。すべてをシャッフルして6枚ずつ配ります。

カードは、赤・青・白・黒といった8つの色に分けられています。絵の具カードはその色を代表するカードで、七ならべの「7」に相当し、その下に同じ色のカードを並べます。出す時には、カードの内容を言葉で伝えます。例えば、「これは緑色のカエルです」など。絵の具カードが出ないと、その色のカードは出せないので、苦しい展開になることも。出せるカードがないときは、山札から1枚取ります。手札が全てなくなったら勝ちです。

どれの仲間かな?」と遊び方はほとんど同じですが、ひとつだけ違いがあります。それは、その色のカードの最後のカード、例えば緑の3枚目を出すと、ボーナスとしてもう1枚出せるのです。

リンゴプレイの特長

  • カードがしっかりしていて、汚れにくく破れにくい。
  • 言葉を発することをテーマにしている。

次のステップは「どれの仲間かな?

「いちご」のカードを出すときは、「果物の仲間のいちごです」と言いながら出します。「果物」というカテゴリの概念が必要です。また、カードそのものには、いちごしか描かれていないので、ヒントもありません。

DVD「アナログゲーム療育」のサンプル動画

療育現場での指導の説明です。このDVDについては別のページでご紹介しています。

商品詳細

年齢: 4歳くらいから
人数: 2〜4人
時間: 10分
箱寸法: 6.5×9.8×1.5cm
部品寸法: 5.9×9.1cm(カード)
素材:
内容: カード32枚
製作: リンゴプレイ社 (ドイツ)
規格: CE
原著: Frohes Farbenspiel!
分類: 記憶、言葉

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ