ねずみの競争


ねずみの競争: ねずみの競争:黄色い食卓の上には大きなチーズ。ねずみは椅子を踏み台にして登っていきます。 ねずみの競争:ダイニングをイメージしたボード。サイコロは2つ振って合計した数だけ進む。 ねずみの競争:床の市松模様のタイルがコースになっている。ねずみの絵の描いてあるマスは初期配置。 ねずみの競争:各プレーヤーは自分の色のカードを前に置き、捕まえたねずみやゴールさせたねずみをこの上に確保します。 ねずみの競争:ねずみの裏には1〜7の数字があり、これが得点となる。 ねずみの競争:青い椅子を踏み台にして、いざテーブルの上へ!
  • WI8003-9 ねずみの競争
  • 2,400円+税(8%税込2,592円)
  • 買物かごへ
  • 問屋取寄せ品(納期約2週間)を予約:
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

目標!テーブルの上のチーズ

黄色いテーブルの上には大きなチーズが乗っていて、いい匂いがしています。ねずみ達は椅子を伝ってテーブルによじ登ってチーズを狙います。でも気をつけて、テーブルの上では後ろから追いついたねずみに捕まってしまうことがあります。

ルール:

  1. 自分の色を決め、ねずみをボードのスタート地点に7匹並べます。
  2. サイコロを2個振り、出た目の合計の数だけ自分のねずみを進めます。どのねずみを動かすのかは自由です。
  3. 椅子の上からテーブルに登ります。テーブルの上では、別の色のねずみと同じマスに止まった時に、そのねずみを捕まえることができます。捕まえたねずみは、自分の色カードの上に乗せます。
  4. チーズまでたどり着いたねずみも色カードの上に乗せます。
  5. 誰かの手持ちのねずみがなくなったらゲーム終了。色カードの上のねずみの裏の数を合計し、一番多く点数を取った人の勝ち。

お薦めポイント:

  • 6人まで遊べるすごろく
  • テーブルの上は気が抜けません。ねずみが多いほど、走って逃げてのデッドヒートが繰り広げられます。
  • ねずみの裏の点数が結構重要です。得点の高いねずみをゴールさせたいのですが、そのためには危険なテーブルの上に登らなければなりません。もし他のプレーヤーに捕まってしまうと大打撃です。このジレンマがゲームを面白くします。
  • 人数が多いほど熾烈な戦いになります。

(佐々木)

こぼれ話

イラストは、ドライマギアの商品で活躍しているロルフ・フォークト氏によるもので、同時期に発売された「はらぺこかめさん」「ドラゴンのたからもの」も彼のイラストでした。

最初見た瞬間、「お!ドライマギアの新作か」と思ったのですが、ロゴを見たらウィニング・ムーヴス社で、びっくりしました。ドライマギアが時間をかけて築いてきた「美しいデザインの子ども向けゲーム」というブランドにタダ乗りするようなパッケージは、ドライマギアの不利益になると感じました。後日、ニュルンベルク見本市で、ドライマギア社のヨハン・リュッティンガー、カティ・カップラー夫妻とお会いした際、そのことを話すと、フォークト氏がウィニング・ムーヴスのためにイラストを描くことについて彼らは承諾していたそうです。しかし、実際に商品になってみると、あまりにもドライマギアをイメージさせてしまうため、今後は他社のイラストは描かないようにした、と話してくれて、私自身もホッとしたことを覚えています。

そういう意味では、貴重なパッケージですね。

商品詳細

年齢: 6才くらいから
人数: 2〜6人
時間: 25分
作: Rosanna Leocata、Gaetano Evola
絵: Rolf Vogt
箱寸法: 20×20×5cm
内容: ボード、コマ、サイコロ、色カード
製作: ウィニング・ムーヴズ社 (ドイツ)
原著: SQUEEKY
分類: すごろく

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ