思うにブタは2歩進む!



思うにブタは2歩進む!: 思うにブタは2歩進む!: 思うにブタは2歩進む!: 思うにブタは2歩進む!:
  • HA302391 思うにブタは2歩進む
  • 2,200円+税(8%税込2,376円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

心理戦で進むブタのレース

「子どもゲームのマイスター」ハインツ・マイスター Heinz Meister の、子ども向け心理戦ゲームです。正直、大人でも結構楽しめます。

「ごきぶりポーカー」や「はげたかのえじき」のような心理的な駆け引きが、割と手軽に楽しめます。

1〜6の数字が書かれた6枚のカードから、1枚を伏せて出し、自分の左隣のプレーヤーにそのカードの数字を当てさせます。外れたらラッキー!(カードの数ではなく)言わせた数字分、自分のコマを進めるのです。続けて2枚目にチャレンジすることもできますし、自主的に手番を終了することもできます。逆に、当てられてしまったら残念です。当てたプレーヤーのコマが進み、手番も終了します。

ブタ牧場内での甘〜いリンゴを集める競争です。 周回コース上を自分のブタでぐるぐると走ることで、2つのチェックポイントにあるリンゴチップを集めていきます。

1人ずつ代わりばんこに、1・2・3・4・5・6の歩数カード6枚のうち1枚をこっそり選んで伏せ、その歩数をとなりの人に予想させ、〈ハズさせる〉ことで自分のコブタを進めていきます。

ハズさせたときに宣言された数がそのまま自分のコブタを進める歩数になります。 例えば、〈1〉を伏せておいて「5!」と予想させたなら、5歩も進められるのです。 そしてさらに、使った歩数カードはそのままにして、残りの歩数カードからまた1枚を伏せて予想させ…と続けられます。 相手のクセを見抜いて連続してハズさせましょう。

とはいえ、「ハズした数の分だけ進む」のだと、あまり大きな歩数は予想してもらえないようにも思えます。 しかし実は、予想するほうの人にとっては、もし伏せた歩数を当てられると、その歩数分だけ自分のコブタを進められるため、ついつい当てられるような気がして大きな歩数を予想してしまいます。 カードを伏せるほうの人は、「小」→「小」→あえてまた「小」などと、うまく揺さ振りをかけていきましょう。

またさらに、都度コブタを進めて着地したとき、もしそのマスに他のブタがいたならば、〈ジャンプ〉として同じ歩数でもう一度進められます。しかも、もしまた着地地点にコブタがいるなら、連続して進められるのです。 このため、もしジャンプが利用できそうな状況になると、「ジャンプできるおいしい歩数」を巡るアツい読み合いが発生することになります。

こうして、歩数の読み合いによってコブタたちを周回コース上で走らせながら、2箇所あるエサ箱マスを通過するたびにリンゴチップを獲得し、先に4枚目を集めた人が勝ちです。

ここがオススメ:

かわいいコブタのレースゲームかと思いきや、『手本引き』のようなアツい読み合いの心理戦が楽しめるゲームです。 手軽に楽しめる、子どもから大人まで幅広い年齢層向けとしてたいへんおすすめです。

(輸入元サイトより)

商品詳細

年齢: 5才〜大人
人数: 2〜5人
時間: 10〜15分
作: Heintz Meister(ハインツ・マイスター、代表作:『スティッキー』『窓ふき職人』など)
箱寸法: 15.5×23.5×4.5cm
素材: 紙、木
内容: 盤、コマ4、カード6、チップ16
製作: ハバ社 (ドイツ)
生産国: ドイツ
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2016
原著: Ich glaub, mein Schwein pfeift!
分類: 心理戦、レース

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ