1993年ドイツ年間ゲーム大賞

ブラフ



ブラフ:箱表面 ブラフ:箱裏面 ブラフ:盤。右上の1のマスから始まって、時計回りに2、3、4…と数字が増えていく。★が書かれた赤いマスは、それに3マスおきに割り込む形で、1、2、3…と増えています。 ブラフ:上下の三角が赤ダイスの移動方向(ここでは左)、赤ダイスはビットする目を上に、6はビットする数を表します。 ブラフ:☆が書かれた赤いマスに置く場合だけは、☆の目を上にして置く。 ブラフ:ビットを上げる1:同じマスで上げるには、ダイスの目を大きくします。 ブラフ:ビットを上げる2:赤ダイスを時計回りに移動させるなら、任意の目を上にして置くことができます。
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

度胸で勝負

全員が振ったダイスカップの中に隠されているダイスの目を推理します。ヒントは自分のダイスカップの中身です。

「ブラフ(はったり)」という名前の通り、ビットするときにどの程度はったりをかますかが、このゲームのカギです。

ここがおすすめ

  • 確率のゲームに見えますが、実はビットした人のブラフを見抜く心理ゲームです。
  • チャレンジせずにビットを続けると、ビット数が上がり、負けた時のリスクが大きくなります。

遊び方

  1. 準備:各プレーヤーは、ダイスカップ1個と黄ダイス5個を受け取り、よく振ってからテーブルに伏せ、そっと自分だけ見ます。
  2. スタートプレーヤーは赤ダイスを取り、ゲームボードの任意のマスに任意の目を上に向けて置きます。これを「ビットする」と言います。
  3. 2の目が6のマスに置かれた状態(下写真)は、全プレーヤーのダイスカップの中の黄ダイスのうち、2の目が出ているものが6個以上あると予想していることを示します。
  4. 左となりのプレーヤーは、そのビットを受けて、次のどちらかを行います。
    1. ビットを上げる
    2. チャレンジする
  5. ビットを上げる方法は以下の通りで、ビットを上げたら、手番は左のプレーヤーに移ります。
    1. 赤ダイスのマスは移動させないで、ダイスの目を大きくする。
    2. 赤ダイスを時計回りに移動させて、ダイスの目を任意のものに変える。
  6. 直前のプレーヤーのビットが多すぎると思ったら、チャレンジして、全プレーヤーがダイスカップを上げます。
    • 該当する目の黄ダイスの数<ビット数:ビットしたプレーヤーの負けで、両方の数字の差だけ黄ダイスを失います。
    • 該当する目の黄ダイスの数>ビット数:チャレンジしたプレーヤーの負けで、両方の数字の差だけ黄ダイスを失います。
    • 該当する目の黄ダイスの数=ビット数:ビットしたプレーヤーの勝ちで、他のプレーヤー全員が黄ダイス1個を失います。
  7. チャレンジの処理が終わったら、新しいラウンドを始めます。全プレーヤーは、残っている自分の黄ダイスをカップに入れて伏せ、前のラウンドで勝ったプレーヤーが、ビットします。
  8. 黄ダイスがなくなったプレーヤーはゲームから抜け、最後まで黄ダイスを持っているプレーヤーが勝者です。

商品詳細

年齢: 12歳〜
人数: 2〜6人
時間: 30分
作: Richard Borg
絵: Martin Lodewijk
寸法: 20.5×30cm
箱寸法: 22×31×7cm
素材: 紙、樹脂
内容: 盤、ダイスカップ6、黄ダイス30、赤ダイス1
製作: ラベンスバーガー社 (ドイツ)
受賞: ドイツ年間ゲーム大賞(1993年)
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲の危険性あり)
初版発行日: 1998年
原著: Bluff
分類: かけひき、はったり

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ