音と遊ぶ

ここでは、音と親しむための楽器をはじめとして、オルゴールやウインドチャイム、てのひらにのせてきれいな音を奏でるオルゴールボール(メルヘンクーゲル)などをご紹介します。

子どものための楽器

音楽の基本は、声を出して唄うことです。乳幼児にはまず、わらべ唄でたっぷり遊ばせます。その上で、楽器の美しい音色に耳を傾けたり、響きを味わったり、打楽器でリズムを感じたり、と行った体験をさせます。大人が、打楽器をリズミカルに叩いてみせたり、鉄琴などでわらべ唄を弾いてみせることも、いい音楽体験になるでしょう。

そして、初めて出会う楽器だからこそ、正確な音程と美しい音色のものを子どもに与えてあげたいものです。しかし残念ながら、乳幼児用の良い楽器は、なかなかないのが現状です。 百町森ではゾノア社を始め、しっかりとしたものづくりをしているメーカーの楽器をお薦めしています。感性豊かな子ども達はもちろん、大人をも魅了する美しい音色の楽器です。

オルゴール

スイス・リュージュ社のような精巧なシリンダー・オルゴールとはまったく異なる、子どもが手に取って操作できるオルゴールを集めました。

ドイツやスイスの木製玩具メーカーが作る可愛らしいデザインのオルゴールです。

おもちゃ