将棋とその仲間

中学生プロ棋士藤井聡太四段の大活躍で、将棋が注目されています。

彼のように強さを究める道もある一方で、もっと気楽に楽しむこともできるのが将棋の魅力です。自分が子どもの頃は、本来のルールである「本将棋」を覚える前に、簡単ルールの「はさみ将棋」や、双六のような「回り将棋」、指先の器用さが問われる「将棋くずし」といった将棋を使ったミニゲームで楽しく遊び、その後、本将棋に挑戦するという道しかありませんでした。

とは言っても、楽しく遊びながら、色んなスキル、例えば

  • 盤面全体に気を配る(はさみ将棋)
  • 怪しい駒の動きから策を見抜く(はさみ将棋)
  • 駒を強すぎず弱すぎず振る(回り将棋)
  • 指先のコントロールと緊張に打ち勝つメンタル(将棋くずし)

などが、身に付いた気がします。これらの遊び方については、羽生善治さん監修の「やさしいこども将棋入門」に掲載されています。

今では、駒の動き方・並べ方、基本的なゲームの進め方を身につけ、「本将棋の楽しさ」にたどり着くコースの選択肢が増えてきました。ここでは3つのコースに分けてご紹介します。

Aコース:王道!基本の盤と駒+入門書

子どもにヤル気がある、あるいは道具にこだわりがあるなら、基本の将棋盤と駒を揃えて、入門書などでマスターしましょう。

本将棋の前にはさみ将棋などのミニゲームで遊んでも楽しい。その場合は、木製の駒(特に木製将棋駒(天童産・裏赤))をオススメします。

Bコース:今ドキ!わかりやすい入門将棋

駒に動ける方向が書いてあったり、親切な解説書が付いていたりするので、とりあえずこれだけで手軽にスタートできます。

「はじめてのしょうぎセット」は、積み木あそびや駒あそびから始まるので、幼児さんからでもOK。

Cコース:幼児や女子に!どうぶつしょうぎ

プロ棋士が考案した子ども向けの将棋。幼児さんから遊べます。かわいい動物の駒には、進行方向が描かれています。マスも駒も極限まで少なくしたので、決着も早く、遊びながら、将棋のエッセンスも身に付きます。

慣れてきたら、本将棋と同じ「おおきな森のどうぶつしょうぎ」にステップアップできます。

  • 田中 将棋盤6号K
  • 2,200円+税(8%税込2,376円)
  • 買物かごへ

入門者におすすめ

  • 将棋駒 上別製源平
  • 1,250円+税(8%税込1,350円)
  • 買物かごへ
  • PD 木製将棋駒(天童) ※
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ

普及版木製駒の決定版!

  • 御将棋盤(駒・盤セット)
  • 1,700円+税(8%税込1,836円)
  • 買物かごへ

入門者におすすめ

  • マスター将棋
  • 2,800円+税(8%税込3,024円)
  • 品切れ。入荷未定

初めてでもすぐに遊べる

あそび方ブック付き

はじめてのしょうぎセット

  • G03-1166 はじめてのしょうぎセット
  • 5,400円+税(8%税込5,832円)
  • 買物かごへ

積み木あそびから本将棋へ

  • 小学館 どうぶつしょうぎ
  • 2,000円+税(8%税込2,160円)
  • 買物かごへ

子ども向け入門将棋

  • 自家製版 おおきな森のどうぶつしょうぎ
  • 3,700円+税(8%税込3,996円)
  • こちらの商品は販売終了しました。11月ごろに別の会社から発売になる予定です。決定いたしましたら、改めてご案内いたします。
  • 会員価格(5%OFF)

「どうぶつしょうぎ」が本将棋に

「どうぶつしょうぎ」が本将棋に

  • 幻冬舎 9マス将棋
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

3×3の9マスではじめる将棋ゲーム

動かす度に駒が裏返る新感覚のミニ将棋

おもちゃ