ゲームは楽し(幼児からのゲーム)

現代人の子育ての知恵 ゲーム

紙おむつの発達などで現代の子育ては楽になったはずなのに、なぜか子どもの育ちはむしろ心配されていますね。がんばりがきかない子ども、人間関係を作るのが下手な子ども。ついつい私たち大人は、時間に追われて子どもと向き合うことを忘れがちです。

一方通行で、閉塞的な遊びであるテレビやファミコンの弊害は数々指摘されています。でも、具体的に何をしてやればいいのか。しかも、ちょっと手軽にというとあまり思いつかないものですが、そんな時、ゲームはすごく威力を発揮します。「指先を使う」「相手に問いかける」等々、子どもの成長にとって必要なたくさんの要素があります。子どもの勝ちたい気持ちを育てることも大事です。勝ちたい気持ちということと、競争心とは違います。最後は自分に勝つということにつながる闘争心は大事です。ゲームは、核家族化した現代人の子育ての知恵ですね。

「やる気」も育ちます

大人同士ではルールがあれば、誰とでもゲームができますが、子どもとは信頼関係がないとゲームはできません。親がゲームで子どもと真剣に向き合うので、子どもは安心するし楽しい。こうした所に「やる気」を育てる要素もあります。

ゲームのいいところは、小さい子にだって勝てるものが多くあること。運が大きく作用したり、絵合わせのようなパターンで記憶するものは子どもの方が強かったりするので、大人も真剣に楽しめます。得意・不得意もありますから、ゲームの種類を多くしておいてやりましょう。

うちでは、子どもが寝る前にゲームをやるので、最後に子どもが負けて泣かれたら、寝かすまでに時間がかかるので、子どもが勝てそうなゲームを一番最後にやったりしています。負けるとくやしいという経験も、感情を育て、人格を形成していくことに役立っていくものと思います。

(柿田友広)

数あるゲームの中から、百町森が自信を持っておすすめできるものを厳選しました。

最近入荷したゲームです。本当に出たばかり、入荷したばかりの新作もありますが、少し前のものでも、当店で新たに扱い始めたものなども含みます。

2人「でも」楽しいゲーム、注目の作品、大好きな作家、いろいろな切り口でゲームを紹介します。

すごろく、チェス、記憶、スピードなど、色々な視点でゲームを分類しています。

ドライマギア、ラベンスバーガーなど百町森が注目しているメーカーです。

将棋やオセロ、バックギャモンなど、2人用ゲームってちょっと大人っぽいですよね。考える要素が多かったり、かけひきの要素があったり…。子ども用から大人用まで色々とご紹介します。

「世界のボードゲームを広める会ゆうもあ」が認定するお薦めゲーム。年間60回を越えるボードゲームイベントを実施する『ゆうもあ』のスタッフの方々が厳選し自信を持ってお薦めするだけあって、どれも面白いものばかりです。

カードは値段も安めで、携帯にも便利です。簡単なものから難しいものまで、ジャンルも、記憶力やスピード、交渉などいろいろあります。

おもちゃ