自然や地域と共存すること

エーケルンド製品に付いているエコラベル(Bra Miljoeval)は、環境先進国スウェーデンで最大の自然保護・環境団体「スウェーデン自然保護協会(SSNC)」が承認しています。紡績・織りから染色・洗浄といった製造工程における環境負荷が、SSNCの厳しい要求に適合していることを示しています。

エーケルンドは具体的に下記のような取り組みをしています。

  • 原材料は再利用できる綿と亜麻を使用し、蛍光剤(注1)は使わない。
  • 暖房の熱源は、会社所有の森の間伐材をチップにしてまかなっている。
  • 熱のリサイクルにつとめ、排気する空気熱を残し、暖房に再利用している。
  • 社屋を白い屋根にすることにより、熱反射を促し社内の冷房利用を節約。エアコンは水力発電で得られた電力を使用。
  • 使用する水の大半は、工場の屋根でためた雨水を再生して使用。
  • トイレは糞尿と水を分けて処理する設備を整え、土と肥料として還元している。近隣の農家に無料配布もしている。
  • 最終工程で、廃液は一切出さない。
  • 化学物質は極力使わず、使う場合も認定を受けたものに限っている。ただそれを理由に「できない」ということはなく、防縮加工や布を安定させる加工を行うなど、消費者にとっての使いやすさも追求している。

注1)蛍光剤:白く見せるペンキのようなもの。日本のタオルのほとんどはこの蛍光剤を使用している。アトピー性皮膚炎、湿疹、肌荒れなどの症状を引き起こす原因の一つともいわれている。食品衛生法、薬事法などには使用禁止とされている。

注2)エコラベル:自然保護団体Sweden Society for Nature Conservation (SSNC)が運営主体。対象商品は広く使用されている商品であること。クライテリア(認定のための基準)の開発に関して製造業者が関心を示すこと。現在、認定商品数は約700。原材料の採取から最終処分に至るプロセスにおける環境負荷に着目している。認定後も市場でランダムサンプリングすることにより確認される。

自然や地域と共存すること:エコラベル(Bra Miljoeval)

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

生活・くらし

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">