家具

百町森では、「子どもの成長を見守る環境づくり」という視点で家具も取り扱っています。

遊びを助けるための環境には、おもちゃや絵本はもちろんですが、それだけでなく、子どもの居場所をつくるための家具や、片付けのための棚も必要です。また、食事のための椅子や、学童期になってからの机・本棚、大人が使う椅子などもご紹介します。

配送について

  • 商品はメーカーからお客様へ直接お届けします。ご請求書は当店より別送します。また代金引換払いはできませんので、ご注意下さい。
  • 三代工房の家具につきましては、特別送料をいただいております。詳しくは該当ページをご覧下さい。

森からやってきた「森の家具」

百町森の「森の家具」シリーズは、静岡県産のひのきを、静岡市にある家具工場で加工しています。20年以上前から、小学校に学習机と椅子を約3万セット納めてきた実績のある信頼できる工場です。

すべすべした気持ちよさ、温かみのある手触りを損なわないよう天然オイルで仕上げています。

使い込むにつれて、傷や凹みが年輪の様に刻まれるとともに、艶が増し、深い色合いになっていきます。

送料

お買い上げ金額に関わらず、1個口毎に以下の特別送料をいただいております。

2点以上お買い上げの場合は、それぞれの送料を合算させていただきます(小物が大物に同梱できる場合もあります)。

本州・四国 北海道・九州 沖縄・離島
1,000円+税 1,500円+税 お見積り

納期

約1週間で工場からお客様へ直接出荷いたします。着日指定は、午前/午後のみお選びいただけます。日曜日の着日指定はできない場合があります。

お支払い

ご請求書は、当店よりお客様へ別送します。また代金引換払いはできませんので、ご注意下さい。

組立

「組立品」と表記されているものは、お客様に組立ていただく商品です。「完成品」と表示されているものは、完成品でのお届けとなります。

Formio フォルミオの家具

日本生まれ、デンマーク育ち。

百町森の基本的な考え方の一つに「使い捨てのおもちゃを与えない」というものがあります。きちんと作られたものを長く使うことが、環境への負荷を多少なりとも軽減することにもなりますし、子どもにも、ものを大切に長く使うことの意味が伝わるのではないでしょうか。

家具についても同じで、大人になっても使えるようなものがお薦めです。フォルミオは、子どもから大人まで、成長に合わせて高さの調整が可能で、暮らし方の変化にも対応できるフレキシブルなシステム家具です。どっしりしたブナ合板を真鍮のボルトで留めるだけですが、落ち着きと高級感が漂うのは、まさにデザインの力が細部に行き渡っているからでしょう。ただシンプルなだけでは、これほどの質感は生まれません。 まさに、子どもから大人まで生涯付き合えるお薦めの家具です。

配送について

  • このページに掲載した商品につきましては、通常送料となります。
  • 商品はメーカーからお客様へ直接お届けします。ご請求書は当店より別送します。また代金引換払いはできませんので、ご注意下さい。

以下はカタログからの抜粋です。

フォルミオは、イタリア語で[from mio]ボクの形、ワタシの形。歩みはじめから少年期、青年期、大人へとそれぞれの生活期に合わせて組み替えていける生涯伴侶の家具。それがフォルミオのデザインの考え方。

From Earth 素材が伝える、自然の豊かさ。

広葉樹の森でゆっくり大きくなったブナは、私たちの地球からの大切な贈り物。その呼吸する木肌の優しさを大切にしたいから、塗装はしていません。フォルミオの独特の赤みはスチームドビーチという、木材を高温で長時間蒸し上げたいわば素材そのものの色。それを天然素材のオイルワックスで仕上げています。自然の温もりを感じる居場所・・・。フォルミオには地球がくれた時間が息づいています。

From Scandinavia 日本生まれ、デンマーク育ち。

体験を通じて豊かな価値観を育む、という学びのスタイルを持つデンマーク。日本で生まれたデザインを、こののびやかな国で活躍するクラフトマンが製造にあたります。生まれるのは「子ども達が体験できる家具」。家族みんなで組み立てた思い出はいつまでも心に。

Together 育つ人と進化する家具の可能性。

一種類のネジと一定の間隔であけられた穴。フォルミオの基本システムは、様々な変化に対応できる柔軟性と発展の可能性を秘めています。


design:阿久津雄一
(GK Planning & Design)

製作:Gunnar Falsigs社
(デンマーク)

学習机(フォルミオ、三代工房)のリーフレット、無料でお送りします。

  • 学習机リーフレット(送料無料)
  • 0円+税(8%税込0円)
  • 買物かごへ

STOKKE(ストッケ)の家具

理想の姿勢をデザインした、椅子の傑作

ストッケ社は、デザインと機能にこだわる家具メーカーとして、ノルウェー北西部に1932年に設立されました。特に、座りながらにして色々な動きを可能にする椅子の開発には力を注ぎ、その機能性をこれまでにない時代を超えたデザインで実現させ、今日に至っています。

ストッケ社のメインデザイナーであるピーター・オプスヴィック氏は、人類の太古の時代から現代に至るまでの、人間の日常の動きについて緻密な研究と観察を重ね、トリップトラップチェアをはじめ、ストッケ社の多くの製品デザインを行っています。彼のテーマは、家族がテーブルを囲んで、「活動的」に過ごすー本を読んだり、手紙を書いたり、宿題をしたり、ゲームで遊んだり・・・ーための家具です。

1972年にデビューしたトリップトラップは、彼の小さな息子のためにデザインされました。調節可能なシートとフットレストのおかげで、どんな年齢の子どもでも、完全な家族の一員として一緒にテーブルを囲む事ができるようになったのです。

2007年から、ストッケ社がベビー対象商品を、ヴァリエール社がそれ以外のムーブメント・コレクションを扱うことになりました。

配送について

  • このページに掲載した商品につきましては、通常送料となります。
  • 商品はメーカーからお客様へ直接お届けします。ご請求書は当店より別送します。また代金引換払いはできませんので、ご注意下さい。

H.W.F - Hand Works Factory - の家具

静岡県藤枝市にあるハンド・ワークス・ファクトリー(HWF)の久留さんは、若いのに職人気質。しかも技術屋の感覚も持ち合わせています。

最初に取扱いを始めたネストスツールの試作品を持ってきて下さったのが2007年の6月。すっきりとしたデザインが美しく、すぐに取り扱うべく、写真を撮影したりもしました。しかし、気になる点が2つ(強度と寸法変化)出てきたので、それを問い合わせたところから、久留さんの苦労が始まりました。

かなり時間が経ってから、改良試作を持ってきて下さったのですが、それは、もともと持っていた美しさを失っていました。そのことは、久留さんご自身が一番感じていたと思うのですが、それでも、私たちに確かめずにいられなかったんでしょうね。

その後も、ずっと連絡がないので、「やっぱり無理だったのかな…。要求が高すぎたのかな…。」と半ばあきらめていたんです。でも、その後も改良を重ねていたらしく、最初の出会いからほぼ1年が経った頃、新しい試作品を持って来てくれたんです。2つの宿題は完全にクリアされていました。しかも、もとの美しさも失っていません(良くなったかも)。その上さらに、生産性も上がったとのこと。ほんとすごい人です、久留さんって。

2012年には、第38回静岡伝統産業工芸展において、久留さんの作品「スタッキングスツールセット」が、なんと最優秀賞に相当する「県知事賞」を受賞!これからの活躍が楽しみです。

ブロック社の家具

室内遊びを豊かにする環境づくり

空間構成のための家具ー保育園・幼稚園に特にお薦め室内遊びを豊かにしていくためには、美的で機能的な空間構成と、自分のやりたい遊びをすぐに発見できるような遊びの配置、決まったものが決まったところにある秩序性などが大切です。空間が上手に構成されていないと子どもが落ち着かなくなります。

そのような子どもの心理を考えたで、空間構成のために工夫した家具類と、子どもの体のサイズに合うように作られた椅子や机、そして、ごっこ遊びのコーナー作りに必要な家具です。

いずれもパインやブナなどのムク材(幅はぎ集成材)を使い、耐久性にも優れています。塗装にも安全な素材を使用しています。木材はおもにセルビアなどの東欧諸国産に中国産が加わっています。(2011年11月現在)

配送について

  • このページに掲載した商品につきましては、通常送料となります。
  • 商品はメーカーからお客様へ直接お届けします。ご請求書は当店より別送します。また代金引換払いはできませんので、ご注意下さい。

おもちゃを入れる木箱たち

おもちゃ(絵本もですが)の収納は悩ましいものですよね。限られたスペースに、あふれるおもちゃを収めるのは至難の業で、絶望的な気分にさえなってしまいます。

といって、魔法のような解決策があるわけではありません。ここで、気にかけていただきたいのは、収納も子どもの遊びを支える大切な環境であるということです。

子どもがパッと見ただけで遊びをイメージできるかどうか、取り出しやすいかどうか、持ち運びやすいかどうか、出したりしまったりがしやすいかどうか・・・こういったことも考慮すると、子どもの遊びがよりスムースに始まり、集中して遊べるに違いありません。

色んなアプローチが考えられますが、百町森でお薦めしているのは、おもちゃをしまいこむのでなく、おもちゃをトレイに収めて、それを棚に「見えるように」置く方法です。

ドイツをはじめ、ヨーロッパの幼稚園などでよく見る方法ですが、子どもにとって、遊びのイメージが湧きやすく、出し入れも容易、しかも落ち着いた雰囲気になります。

ここでは、その一翼を担うトレイや箱をご紹介します。(2006年5月 佐々木)

1段目:ネフ用木箱(小)、アングーラ用木箱、ラビリンス
2段目:キーナーモザイク(小)、CHL木箱(リグノ・ネフスピール用)×2
3段目:整理箱(大)、ネフ用木箱(小)、ツリアモ
4段目:整理箱(小)、ネフ用木箱(小)、エリプソ
棚はやまびこシリーズ(三代工房)(棚内寸W62cm)

1段目:整理箱(大)、CHL木箱(リグノ・ネフスピール用)、ネフ用木箱(小)
2段目:整理箱(大)、整理箱(小)×2
3段目:整理箱(大)、デュシマおもちゃ箱×2
4段目:おもちゃ箱×2
棚は、白木棚(大)(棚内寸W86cm)

  • フォルミオ・・・幼児期から使えるラック、学童期からの机、本棚、ベッドまで
  • 三代工房・・・・乳児期から使える椅子とテーブル、学童期からの机、本棚
  • ストッケ社・・・椅子専門メーカー。トリップトラップ、バランスチェアなど
  • ブロック社・・・保育園、幼稚園に特にお薦め。椅子、テーブル、キッチンなど
生活・くらし