History / Geschichte

これまでのコンペについて

[ History / Geschichte ]

百町森では、1998年からネフ社積木に関わるコンペを行なってきました。一番最初は、相沢の思いつき?で始まった「キュービックスクイズ」(通称キューQ)です。これは、キュービックスをどれだけ高く積めるかというクイズでした。では、これまでの百町森ネフコンペの歴史をご紹介しましょう。

実施年名称テーマ応募総数
1998キューQキュービックスを一番高く積むパターンは?24通
1999ネフQネフスピール2個を使って何通りのパターンができるか?36通
2000アンパタコンアングーラパターンコンペティション118点
2004ダイコンダイヤモンドパターンコンペティション127点
2006ネフコンネフスピールパターンコンペティション129点
2007ヴィボコンヴィボパターンコンペティション229点
2008キューコンキュービックスパターンコンペティション126点
2009レイコンアークレインボウパターンコンペティション150点

各パターンコンペの入賞作品は、百町森のオリジナルパターン表に掲載されています。

ダイコンの最終審査は、クラーセン氏をはじめとする4名の審査員と大勢の観客の皆さんの前で実際にパターンを組んで行なわれました。この手に汗握る審査の模様は、「DVDピエール・クラーセンの日」に収められています。 手前味噌ながら、本当に感動的なステージです!興味のある方はぜひご覧ください。