子どものあやし方18

おしゃらく ほい

おちゃらか おちゃらか おちゃらかほい
おちゃらか かったよ おちゃらかほい 
と、遊んだ人も多いだろう。

阿部ヤエさんは同じ遊びを「おしゃらくほい」と遊んだという。「おしゃらく」とは「お洒落」、つまり遊郭の女郎のこと、「かったよ」は「買った」と「勝った」をかけたことばだそうだ(この唄は遊郭の唄だと言われていたと阿部さんは言う)。 メロディーはなく、しゃべるようにうたう。

せっせっせ
おしゃらく ほい
おしゃらく かったよ
おしゃらく ほい・・・と続ける。

途中で動作を間違えた者の負け。
そう言えば、百町森「うたと遊びの会」で、小学校一年のゆりちゃんは、じゃんけんに絶対勝つ方法を教えてくれた。その秘訣は、「絶対勝つと思うこと」だそうだ。皆さんも、絶対勝つつもりでやってみてください。

露木大子(伝承 阿部ヤエ/岩手県遠野市)コプタ通信1999年06月号より

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集