チリンとドロン



チリンとドロン:  チリンとドロン:  チリンとドロン: 
  • チリンとドロン/チリンとドロン
  • 2,129円+税(8%税込2,299円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

世界のわらべうたを楽しむ

赤ちゃんを含む親子向けに、世界のわらべうたを届ける2人組ユニット「チリンとドロン」のデビューアルバムです。

アルゼンチン、ハンガリー、タイ、インドネシア…、世界のわらべうたなのに、どこかで聞いたことがあるような気がします。そんな懐かしいようなうたを、あくまでも唄中心にした演奏で届けてくれます。素朴で心休まる音楽です。

心地よい声とそれを支える素敵な伴奏

特筆すべきは、メインボーカルの野々歩さんの声の心地よさでしょう。歌を聴いているだけで楽しく、気持ちよくなってきます。もちろん「世界のわらべうた」というセレクトもあっての心地よさなんですが、声がとってもいいんですよね〜。

そして、でしゃばり過ぎない伴奏。これも素晴らしいです。かといって、ただ素朴、ただシンプル、という訳ではありません。相当考え抜いて、練って練って研ぎ澄ました結果としての、必要最小限かつ先端の伴奏だと思います。それが、唄の魅力を最大限に引き出しているんですね。

実は、田中馨さんはベーシスト。このアルバムでは、ウッドベースやその他の楽器で野々歩さんの唄を支えています。曲によって、楽器をどんどん変えてしまうのも、このユニットの魅力です。例えば、ギター1本あれば、どんな曲にも伴奏は付けられるのですが、逆に1曲1曲の良さを引き出すのは難しい気がします。その曲にふさわしい楽器と伴奏を、たくさんある引き出しの中から選んでいる感じです。だから、それぞれの曲が生き生きと聴こえるのでしょう。おそらくコンサートでも、2人の声と2人の演奏する楽器を使って、このCDに近い演奏が聴けるのでは、と思います(いつか生で聴いてみたいものです)。

個人的には、こういう音楽ってめちゃくちゃカッコいいと思っているのですが、田中馨さんがシューゴ・トクマル・バンドのメンバーだと知って大納得です。ある意味、最先端の素朴さ、と言っていいかもしれませんね。

待望のチリンとドロンの1stアルバム
おもちゃ箱の中には、世界のあそび歌がいっぱい
誕生のお祝いに そして温かい時間のために

チリンとドロン(チリンドロンはスペイン語でカルタの意味)

野々歩と田中馨は「ショピン」として2006年より共に活動している。

2014年2月〜3月に、NHKみんなのうた「ビーフストロガノフ」が放送決定。

2012年4月よりショピンの楽曲がNHK「おじゃる丸」のエンディングテーマとして起用され現在放送中。

野々歩が歌う公共広告機構のテレビCM「あいさつの魔法」が震災後たくさん放送され多方面からの反響を受ける。 この出来事が子ども達のために歌い演奏することについて今一度考えるきっかけとなった。

そのような二人が赤ちゃんと向き合い、お父さんお母さんに聴いてほしい音楽を奏でる。

(公式サイトより)

曲目

  1. 風の歌 詞:松本雅隆 曲:シャルダー・ブアンヌ
  2. チリンとドロンのテーマ 詞:松本野々歩 曲:田中馨 →試聴する
  3. なまえ 詞・曲:松本雅隆
  4. 手のダンス 詞:松本野々歩 アルゼンチンのわらべうた
  5. 小さな家 詞:松本野々歩 ハンガリーのわらべうた →試聴する
  6. のこぎりギコギコ 詞:松本野々歩 南米のわらべうた →試聴する
  7. バンジョー 詞:松本野々歩 フランスのわらべうた →試聴する
  8. ぞう 詞:チリンとドロン タイのわらべうた
  9. ビンバンビリビリ 作者不詳 →試聴する
  10. おやゆびさん 詞:田中馨 フランスのわらべうた →試聴する
  11. おちょず 日本のわらべうた アイルランド民謡
  12. 実がなった 詞・曲:松本野々歩
  13. チェッチェックレ ガーナ民謡
  14. 料理の歌 詞:田中馨 インドネシアのわらべうた
  15. 踊ろうよ 詞:松本野々歩 ハンガリー民謡
  16. あいことば 詞:松本野々歩 曲:田中馨

商品詳細

演奏: チリンとドロン
うた/フィドル他: 松本野々歩
うた/コントラバス/カバニーキョ他: 田中馨
内容: 16曲
製作: ガランピーレコード (日本)
初版: 2015年

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">