storie de tre uccellini
三羽の小鳥の物語

5歳の息子のためにムナーリが作った仕掛け絵本シリーズの一冊。

ページを開くと、表紙にも登場している黄・赤・青の三羽の小鳥があらわれます(下図)。表紙ではカゴの中にいるのですが、ここでは自由な世界にいるようです。この小鳥たちがどうしてカゴの中にいるのか、それぞれの生い立ちがフラップを使って描かれています。

それぞれの物語は、仕切りのページを挟んで、大きさの異なるページになっていて、それぞれの表紙に「チオの物語」といったタイトルが付いています。独立した3つの小さな絵本が、大きな表紙に挟まれているような立体的な構成です。

最後に登場する青い小鳥チィのお話にムナーリらしいユーモアを感じます。

(詰坂奈月)

ブルーノ・ムナーリ作
32×24cm
22p(小さなフリップ1カ所を含む)
1945年作

イタリア語版
  • 3羽の小鳥の物語(伊)/MUNARI
  • 3,500円+税(8%税込3,780円)
  • 買物かごへ
英語版
  • 3羽の小鳥の物語(英)/MUNARI
  • 3,500円+税(8%税込3,780円)
  • 買物かごへ

最初の見開きページ。黄色い鳥チオはどこから来たのでしょう?(画像の上にカーソルを置いてみてください)

サブコラム

メインコンテンツに関連した内容