発達障がい児のおもちゃ遊びと保育実践

新おもちゃによる療育レッスン


新おもちゃによる療育レッスン:  新おもちゃによる療育レッスン:  新おもちゃによる療育レッスン: 
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

障がい児保育担当の先生方むけに分かりやすく具体的な指導法が図示されています!

34年前に、著者初めての本「おもちゃによる療育レッスン」は、生まれた子どもに障がいがあると分かった時に、保護者が購入する本と言われて来ました。最近は、保育を求める障がいのある子どもが増えました。保育園での遊びを具体的なイラスト図を豊富に使って、1)言葉遅れ、2)運動の遅れ、3)言語の遅れ(コミュニケーション)、4)認知的遅れの支援を分かりやすく書き下ろされた作品です。

著者紹介

辻井正

関西学院大学商学部卒。再び文学部大学院修士課程修了後、旧西ドイツの障害者施設「ベーテル」にて看護助手として勤務し、ケルン大学(乳児の運動神経ボイタコース)にて研修を受け帰国する。帰国後、日本ではじめてのおもちゃライブラリーを大阪に設立すると共に、NHK教育テレビのレポーターとして活躍。大阪教育大学、神戸女学院大学非常勤講師を経る。アサヒベビー相談(朝日新聞社厚生文化事業団)の発達障がい児のカウンセラーを務める。NPO法人国際臨床保育研究所所長。

商品詳細

著: 辻井正
寸法: A4版
内容: 151頁
製作: 編集工房ノア
初版: 2014年3月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本