マンヒのいえ


電話注文もできます。
054-251-8700

マンヒは両親と三人でせまいアパートに住んでいましたが、おじいちゃん、おばあちゃんの住む広い家に引っ越すことになりました。今度の家には広い庭、たくさんの部屋、犬も三匹いるのです。わくわくしているマンヒの気持ちは、細かい絵を通して伝わってきます。まず、見返しからページを開くとせまいアパートで引越し荷物を詰めている絵。マンヒも自分のおもちゃを箱に詰めています。もう一枚ページをめくるととびらの見開き左上に引っ越す前のアパート、右下に引越し先の広い家。左から右へ引っ越す道中が絵地図で示されます。これをたどって家の場所が分かったところでいよいよ、順々に、各部屋が紹介されていきます。アンバン(ざしき)、台所、前庭、玄関、マンヒの部屋・・・・納屋には果物、米、酒。納屋の上のチャンドクテ(カメをおくところ)には、みそガメ、コチュジャンガメ、しょうゆガメなど、大、小さまざまなカメが並んでいます。裏庭の水道のところにはたくさんの野菜が積まれて、キムチを漬け込む準備でしょうか?想像力がかき立てられます。どの部屋からもこの家に住む韓国の人の暮らしぶりが見えてきてほっとします。最後のページには、家の間取りが一目で分かるような見取り図、ここで今まで読んできた話を復習することになり、これも楽しい作業です。見ている内に紹介されていない部屋があるのに気が付き、これは何の部屋なのか推理してしまいました。(山崎)

商品詳細

年齢: 3・4年生〜
絵と文: クォン・ユンドク
訳: みせ けい
寸法: 24×29cm 
内容: 32p
製作: セーラー出版
初版: 1998年7月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本