4ミリ同盟


  • 4ミリ同盟/高楼方子
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

読後がほんのり楽しい小品。おかしみのわかる、高学年から大人に。

あらすじ

とある地方の湖に浮かぶ小島。ここにだけ実るヘリオトロープ色の〈フラココノ実〉は「やさしく切ない、遠い日の夢のような」味。

この地方の人々は大人になると皆「床屋にでも行くような頻度」で島へ渡って実を食べます。

ところが、ふさわしい〈食べ時〉が来るまでは決して島に渡るが来るまでは決して島に渡ることができません。

。島へ渡れない子どもたちにとってフラココノ実は大きな関心事ですが、一度食べた大人は当たり前で個人的なこととして話題にすらしなくなります。

さて、ここに四十八才になるのに、まだ〈食べ時〉のこないポイット氏なる男性がいます。

自分の特異な境遇にひそかに悩んでいる彼は、ある日レストランで女性に声をかけられます。

実は彼女もまだ〈食べ時〉のこない身の上ですが、同じ境遇の人々の共通点を発見し、それでポイット氏に声をかけたのです。その共通点とは…?

なんと彼らは歩くとき4ミリほど地面から浮いているのです!

二人はやがて他にも仲間を見つけ、総勢4人で島をめざします。

さあ、彼らは島へ渡り実を食べることができるでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそもの設定からしてユーモラスなこの話、一種の寓話ともいうべき要素が散りばめられていて、大人が読めば色々深読みもできますし(地に足つかない、とか遠い日の夢、とか)、子どもにとっては単純に面白い話になるのではと思います。

(コプタ通信2018年7月号より 築山真希子 つきちゃん)

商品詳細

年齢: 小学高学年〜大人
作: 高楼方子
絵: 大野八生
寸法: 20×23cm
内容: 120p 
製作: 福音館書店
初版発行日: 2018年03月07日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本