ぐりとぐらの手のひらサイズ絵本

ぐりとぐらのしりとりうた


  • ぐりとぐらのしりとりうた
  • 600円+税(8%税込648円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

いつでもどこでも、ぐりとぐらとしりとり遊び

内容

「一月は おしょうがつ つるとかめ めでたい いずみの みずを のむ……」「五月は さつき きつつき きのみき きように つつき……」「十一月は あき きのこ こんぶ ぶた たまご……」「十二月は しわす すみずみの すす すすはらい……」

軽快なリズムにのって、一月から十二月までの季節感たっぷりに、しりとりが次々に登場します。声に出して口ずさみたくなるリズミカルな文に、愛らしく楽しい絵が添えられた言葉遊びの絵本です。

個性的で愛らしい動物たちに、子どもたちが大好きなぐりとぐらが加わって楽しさ満点の絵本が、幼い子どもたちが持って歩ける小さなサイズで登場です。家でも、電車の中でも、公園でも、いつでも、どこでも、子どもたちのそばに置いてほしい絵本です。

すてきなケースに入った『ぐりとぐらのおまじない』と2冊セットもあります。

編集担当からのメッセージ

2002年、「小さな人たちがお出かけのときにも持っていける、小さなサイズの絵本をつくりたい」という著者の中川さんと山脇さんの思いから生まれたのが『ぐりとぐらのあいうえお』でした。2004年に同じ大きさの絵本『ぐりとぐらの1・2・3』も生まれ、今年の2月には、2冊の愛らしいセットケースもできました。

『ぐりとぐらのしりとりうた』と『ぐりとぐらのおまじない』は、最初は、小学生のための月刊誌「おおきなポケット」に「今月のしりとりうた」「○月のおまじない」として、それぞれ一年間連載されたものがもとになっています。

『ぐりとぐらのあいうえお』と『ぐりとぐらの1・2・3』を楽しんできた子どもたちが、もう少し大きくなってから読んでもらったり、小学生になってから自分で読んでも楽しめる言葉遊びの絵本があったらいいなあという著者のお二人と編集部の思いが一つになって、「おおきなポケット」の連載が、『ぐりとぐらのしりとりうた』『ぐりとぐらのおまじない』として、生まれ変わりました。

こちらも愛らしいセットケースに入って、子どもたちといっしょにお出かけできるのを待っています。

(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 3歳〜
作: 中川李枝子
絵: 山脇百合子
寸法: 13×13cm
内容: 28ページ
製作: 福音館書店
初版: 2009年09月10日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">