もりのなか


  • もりのなか/マリー・ホール・エッツ
  • 1,000円+税(8%税込1,080円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

ぼくは紙で作った帽子をかぶる。(これはファンタジーに入る象徴だろう。)散歩をするぼくにライオンやゾウなど森にいる(はずのない)動物までついてくる。ウサギだけがぼくの側にいる。最後はみんなでかくれんぼをするが、ぼくが鬼になって目をつぶっている時お父さんがやって来て…。静かに、感動がしみてくる絵本。

絵が語るものは時に深く…

小さな子でさえ、絵本の絵を読みますから、三歳を過ぎた子ともなると、「絵を読む力」もさらに強くなり、作品もそれに呼応するように深いものが出てきます。
散歩する動物はみんな最後尾につながっていくのに、ウサギだけが終始「ぼく」のとなりにいます。これは「ぼく」とウサギが特別な関係をしめしていると考えられます。

商品詳細

年齢: 3歳〜
ぶん/え: マリー・ホール・エッツ
やく: まさきるりこ
寸法: 19×27cm
内容: 40p
製作: 福音館書店
初版: 1963年12月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本