遊びとしつけの上手なコツ

子育て支援 ひだまり通信


子育て支援 ひだまり通信:遊びは心の栄養 子育て支援 ひだまり通信:てこずる2歳児 子育て支援 ひだまり通信:イライラが半分ですむ方法 子育て支援 ひだまり通信:赤ちゃんにはテレパシーがある? 子育て支援 ひだまり通信:配布された「赤ちゃんにはテレパシーがある?」 子育て支援 ひだまり通信:1・2・3歳は強情っぱり!? 子育て支援 ひだまり通信:配布された「1・2・3歳は強情っぱり!?」
  • 子育て支援 ひだまり通信/高山静子
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

悩みや不安が喜びや安心にかわる

保育セミナー2010 in 静岡」で講師としてお招きした高山静子先生(浜松学院大学)の著書が出ました。子育て支援の場で配布した通信を元に、わかりやすくまとめたものです。

この本を見ながら、「自分の子育てのときに、この本があったらどれほど救われただろう」と痛切に思いました。子育ての不安や悩みに対して、おおらかに「大丈夫だよ、育っている証拠だよ、こうしてみたらどう?」と生きた知恵を伝えてくれるので、心がほっとするんです。

例えば、「てこずる2歳児」では、「てごわい2歳児は、自我が健やかに育っている証拠」「どの子もみんな通る道。けっして性格が悪いわけではありません。」「3歳を過ぎるとぐんと楽になります!」と、まず子どもを客観的に見れるようにしてくれます。これで、読んでいる方も「これがずっと続く訳じゃないんだ」と先の見通しを持つことができます。

「とは言っても、今どうしたらいいの?」という疑問には、次のページ「1、2、3歳は強情っぱり!?」が、わかりやすく答えてくれます。例えば、「気持ちに共感する、思いを伝える、選ばせる、理由を伝える…」など。さらには、「大泣き・ひっくり返りが始まったら…もうしかたない…しばらく泣かせて、ころ合いを見計らって(中略)気持ちの立て直しを図るしかないでしょう…。」このあたりの腹の据わり具合がいいと思います。

見開きで1テーマになっていて、ゆったりしたレイアウトに、イラストが多く使われていて、とてもわかりやすい/読みやすい構成になっています。全部通して読むというよりも、気になるページを開いて見る、という感じでも充分使えると思います。イラストを描いているのは、「育育児典」(岩波書店)の藤原ヒロコさん。わかりやすくて、温かくて、しかも甘すぎない(これ重要)雰囲気のイラストが、内容とよく合っています。

この本は、「ひだまりサロン」という子育てをいっしょにする場で、月に1回配布していた通信を元にしています。子育ての「生きた知恵」を、みなさんが自分らしい育児を発見していくための参考にしていただければさいわいです。(カバーより)

親向けに書かれていますが、保育者にも役立つ内容ですし、親へのアドバイスなどにも使えると思います。また、子育て支援センターなどに置いておくと、きっと喜ばれると思います。

目次より

第1章 子どもを理解する
赤ちゃんにはテレパシーがある?/人見知りで困っています/子どもは散らかし魔/てこずる2歳児/1、2、3歳は強情っぱり!? ほか
第2章 ちょうどいい関係づくり
親子のやりとり/ちょうどいい遊び/ちょうどいい暮らし/親中心でもなく、子ども中心でもなく/わが子を透明な存在にしないために
第3章 遊びとしつけ
思いは態度で表そう/叱ることを怖がらないで/遊びで世界を知る/遊びは心の栄養/意欲のある子は早寝早起き/トイレトレーニング/おやつとお菓子 ほか
聡明な子育て
生活のスキルは叱らない/大切なわが子を映像漬けにしない方法/子どものけんかどうしてる?/イライラが半分ですむ方法/怒りの対処 ほか
おもちゃ選びのヒント
年齢別の遊びとおもちゃ

なお、この本には、幼稚園・保育園・子育て支援の先生方がお便りとして配布しても構わないことを示す「自由利用マーク」が付いています(自由利用マークについては文化庁サイトを参照)。

商品詳細

年齢: 大人向け
著: 高山静子
イラスト: 藤原ヒロコ
寸法: 24×21cm
内容: 95頁
製作: チャイルド本社 (日本)
初版: 2010年7月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本