発達と障害を考える本2

ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち


ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち:  ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち:どうしよう!?こんなとき ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち:なんでこうなるの? ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち:こうしてみました! ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち:第2章
  • ふしぎだね!? アスペルガー症候群のおとも
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

いろんなともだち、ひろがる世界

学校や家庭でよく見られる、アスペルガー症候群ゆえに起こるケースを本人の視点に立ち解説した、こどもも大人も一緒に考え学ぶ絵本。この本の中では「アスペルガー症候群」は自閉症スペクトルに含まれるとして解説しています。

学校で実際に起こりうる事例を、次の順番で解き明かし、援助のアイデアも紹介しています。

  1. どうしよう!?こんなとき(エピソード)
  2. なんでこうなるの?(アスペルガー症候群の特性)
  3. こうしてみました!(その子に合った対応方法)豊富なイラストと簡潔な文で子どもにも理解しやすくまとめてあります。

アスペルガー症候群のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。

第10回(2008年度)学校図書館出版賞大賞 受賞

【ここがポイント!!】

  • 障害を理解するための「最初の一歩」
  • よくある事例がイラストでわかる
  • 困っていることへの工夫を紹介
  • ふりがな付きで小学生から読める
  • 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

(出版社サイトより)

帯より

アスペルガー症候群のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てます。本書を推薦します。

(日本発達障害ネットワーク TEACCHプログラム研究会)

本書をすいせんします。別の異なった文化をもっているといわれる人々について、これほど理解しやすく説明された本は、ほかにはないでしょう。親や教師ばかりでなく、ともだちにこそよく理解されなければならないこの人たちに、すばらしい贈り物となるでしょう。

(川崎医療福祉大学 佐々木正美)

目次

第1章 どうしよう !? こんなとき

  1. つよしくんの場合 授業に集中できない
  2. つよしくんの場合 思い通りにならないとパニック
  3. えりかさんの場合 会話がかみ合わない
  4. えりかさんの場合 グループ行動ができない
  5. あきらくんの場合 100点でないと気がすまない
  6. あきらくんの場合 ドッジボールができない
  7. ふりかえってみよう

第2章 アスペルガー症候群って何?

  • アスペルガー症候群は自閉症のひとつ
  • 自閉症の特徴は3歳くらいまでにあらわれる
  • アスペルガー症候群の特徴
  • 手助けのポイント

商品詳細

監修: 内山登紀夫
編: 諏訪利明 (海老名市立わかば学園)、安倍陽子 (横浜市東部地域療育センター)
寸法: 26.5×21.5cm
内容: 55ページ
製作: ミネルヴァ書房
初版: 2006年03月03日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">