発達と障害を考える本1

ふしぎだね!?自閉症のおともだち


ふしぎだね!?自閉症のおともだち:  ふしぎだね!?自閉症のおともだち:どうしよう!?こんなとき ふしぎだね!?自閉症のおともだち:なんでこうなるの? ふしぎだね!?自閉症のおともだち:こうしてみました! ふしぎだね!?自閉症のおともだち:第2章
  • ふしぎだね!? 自閉症のおともだち
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

いろんなともだち、ひろがる世界

この頃、自閉症のことが取り上げられる機会が増えています。実際に自閉症の人に会ったことがありますか?まだまだ、会ったことのない人の方が多いと思います。出会っている人はもちろん、まだの人にはいつ出会ってもいいようにこの本をお薦めします。第1章はそれぞれタイプが違う5人の自閉症の子どものエピソードを例にあげて自閉症の特徴を解りやすく説明してくれます。

  1. どうしよう!?こんなとき(エピソード)
  2. なんでこうなるの?(自閉症の特性)
  3. こうしてみました!(その子に合った対応方法)豊富なイラストと簡潔な文で子どもにも理解しやすくまとめてあります。

第2章は、自閉症という障害についての解説。

  • 自閉症は生れつきの障害
  • 自閉症の特徴は3歳くらいまでにあらわれる
  • 知的な遅れのある自閉症
  • 手助けのポイント
  • 自閉症の人をもっと知ろう

巻末には保護者へのメッセージと参考資料が載っています。

自閉症のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てる。

第10回(2008年度)学校図書館出版賞大賞 受賞

【ここがポイント!!】

  • 障害を理解するための「最初の一歩」
  • よくある事例がイラストでわかる
  • 困っていることへの工夫を紹介
  • ふりがな付きで小学生から読める
  • 親子で、先生と生徒で一緒に読みながら考えられる

(出版社サイトより)

帯より

自閉症のおともだちの文化を理解し、助け合い、協力する気持ちを育てます。本書を推薦します。

(日本発達障害ネットワーク TEACCHプログラム研究会)

本書をすいせんします。自閉症について、最新の知識まで、これほど詳しく、これほど正確にしかも理解しやすい方法で解説された本を、私はほかに知りません。絵と言葉が見事に織り成された綾になって、ふつうならば多くの文章が必要なことを少ない表現で明快に説明して、周囲で寄り添う人たちを大人も子どもも励ましてくれる本です。

(川崎医療福祉大学 佐々木正美)

目次

第1章 どうしよう !? こんなとき

  1. ますみくんの場合 予定が変わると不安になっちゃう
  2. なおやくんの場合 みんなのゼリー食べちゃった
  3. のぞみさんの場合 リコーダーの音ががまんできない
  4. あかねさんの場合 楽しくても手をかんじゃう!
  5. ひできくんの場合 水遊びがやめられない
  6. ふりかえってみよう

第2章 自閉症って何 ?

  • 自閉症は生まれつきの障害
  • 自閉症の特徴は3歳くらいまでにあらわれる
  • 知的なおくれのある自閉症
  • 手助けのポイント
  • 自閉症の人をもっと知ろう

商品詳細

監修: 内山登紀夫
編: 諏訪利明 (海老名市立わかば学園)、安倍陽子 (横浜市東部地域療育センター)
寸法: 26.5×21.5cm
内容: 51ページ
製作: ミネルヴァ書房
初版: 2006年03月03日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">