ムナーリの1945シリーズ 4

トックトック


トックトック:  トックトック:きりんの荷物を開けると… トックトック:なかには、しまうまと荷物が。その荷物を開けると…
  • トックトック(日本語版)/ムナーリ
  • 1,100円+税(8%税込1,188円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

ムナーリが1945年に刊行したシリーズが、谷川俊太郎さんの訳で登場しました。しかも9点が刊行されるというのは、まさに快挙です。2003年からコツコツとムナーリの本(洋書)を売り続けてきた私たちにとっても、うれしい邦訳です。

この「トックトック」は、荷物の箱を開けると、中にまた荷物と動物がいて、その荷物を開けるとまた…という入れ子の構造をうまく使った仕掛け絵本です。ページをめくるたびに、小さくなるフリップで構成されています。以下、洋書版のページを引用します。

どこかの部屋(おそらく輸送船や汽車の中では・・・?)のドアをコンコンと叩くところが描かれた表紙からお話は始まります。扉を開けると、そこには一頭のキリンと、大きな木箱があります。なんと、このキリンと木箱はイタリアのヴェローナから一緒にやってきたようです。その木箱を開けてみると、中には別の動物と荷物が、その荷物を開けてみると、また別の動物と荷物が・・・。

5歳の息子のためにムナーリが作った仕掛け絵本シリーズの一冊。

様々な国や地域からやってきた動物と荷物が、1つの木箱に入れ子のように詰め込まれ、徐々に出てくるという構成は、開けるまでの期待感と開けた時の驚きをうまく演出しています。荷物が小さくなっていくにつれ、中の動物も小さくなっていく一方で、地域性(世界)がどんどん広がりを見せるという対比にもムナーリ的センスが感じられます。

(詰坂奈月)

ちなみに、帯の地図を見ながら確認すると…

  • きりんはヴェローナ VERONA からの荷物と一緒に
  • しまうまはルガーノ LUGANO
  • ライオンはノヴァーラ NOVARA
  • ねこはローマ ROMA
  • からすはロー RHO
  • ばったはイヴレア IVREA

商品詳細

作: ブルーノ・ムナーリ
訳: 谷川俊太郎
寸法: 33×25cm
内容: 14ページ、ハードカバー
製作: フレーベル館
初版: 2011年12月(オリジナル1945年)
原著: toc toc

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">