プリデイン物語1

タランと角の王


電話注文もできます。
054-251-8700

タラン少年は豚飼いの平凡な日常にうんざりしていました。馬蹄作りの練習ではなく、剣術の練習をしたかったのです。ギディオンという英雄に憧れていたのです。しかし、この国のことを何でも知っている379歳のダルベンには、そんなタランがもどかしく、「…答えをきいて知るより、答えを探して見つからぬことから、より多くのことを知る場合がある。」などと意味ありげに言ったりします。ところが、この血気盛んな若者は、ひょんなことから森に入り込み、準備不足のまま英雄ギディオンに会います。ギディオンにお前は誰か訊かれ、答えられないでいると、「みんな、自分が誰なのかを、ひとりで見出さねばならんのだ。」なんて答えるギディオンがかっこいいわけです。そして、死の国アヌーブンとそれに組する邪悪な角の王との戦いへと物語りはどんどん加速していきます。この話は空想のくにプリデインの善と悪の対立抗争の中で、試練を乗り越え進んでいく成長ファンタジーです。人生が旅だと思えば、タランの旅もいちいち合点がいきます。さりげない大人の役割、気の強いエイロヌイ王女や、頭の足りない毛むくじゃらの生き物ガーギなど、愛すべき仲間と喧嘩したり仲直りしたり…。ウェールズに住むケルト族の古代伝説からヒントを得て作られたというだけあって、舞台の格調高さが嬉しい物語です。

商品詳細

年齢: 5・6年生〜
作: ロイド・アリグサンダー
訳: 神宮輝夫
寸法: 20×15cm
内容: 266
製作: 評論社
初版: 1972年12月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本