児童文学論(岩波現代文庫)


  • 児童文学論/リリアン・H・スミス
  • 1,340円+税(8%税込1,447円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

子どもにとってよい本との出会いがいかに大切か、よい本を選ぶ基準とは何か。児童文学の多彩な作品を取り上げて、よい本の評価基準を詳しく説き明かす本書は、長年にわたり児童文学・児童図書館に関わる人々の厚い信頼を得てきた。日本を代表する3人の児童文学者が訳した名著が、いま文庫版で甦る。(解説=斎藤惇夫)
■内容紹介
 『児童文学論』(原書The Unreluctant Years:A Critical Approach to Childrens Literature, 1953)は、1964年の翻訳刊行以来、実に半世紀以上にわたって、児童文学を学ぶ人、児童図書館の仕事にたずさわる人たちの必読テキストとして読み継がれ、「児童文学研究のバイブル」ともいわれてきました。  著者のリリアン.H.スミスさんは、カナダ・トロント公共図書館を拠点に、子どもと本の幸せな出会い、そのための人材の育成に、目覚ましい活躍をした人です。そして石井桃子さん・瀬田貞二さん・渡辺茂男さんという、いずれも大御所というべき3人の児童文学作家・翻訳家が、その若き日に情熱を傾けてこの本の翻訳に取り組みました。   同じく児童文学作家の斎藤惇夫さんは、この本の魅力について、次のように表現しています。
 「……たしかに子どもたちは楽しみのために本を読む。しかし、無意識のうちに、そこに永続的な真実があることを求めている。かれらは、不朽の値打ちのある本、誠実で真実で夢(ヴィジョン)のある本にだけ、成長に必要な材料を見出すことができる。すぐれた子どもの本は、それを読む子どもたちに、非常用の錨を荒い波風におろすような安定感を与える、という確固たる考え方に裏打ちされていました。(中略)著者は、おとなが子どもたちに近づく方法があるとすれば、「記憶と観察と想像力」だと言い切ります。そしてその三つを基に、なぜ子どもたちがこの詩を、この昔話を、この絵本を、この物語を愛し守り抜いてきたかを分析し、それがいかに文学の法則にのっとったものであるかを示しながら、子どもの文学を語り続けるのです。これは、新たな子どもの発見とさえ思いました。」(本書「解説 非常用の錨」より)
 本書に紹介された作品の多くが、その後日本語に訳され出版されましたが、中には本書に登場するのとは異なる日本語タイトルになったり、作者名の表記も異なっている場合があります。それらについては、このたびの文庫化にあたり、現在手に取ることができる日本語版の書名・著者名表記のほうに本文を合わせて変更し、あるいは日本語版の書誌情報を補ったりしました。
 初版以来の青い布貼り表紙の本に愛着のある読者もおられることとは思いますが、文庫版になって一層読みやすくなった『児童文学論』を、かつて読まれた方にも、また新しく出会う方々にも、ぜひ手にとっていただければ幸いです。

(出版社サイトより)

商品詳細

著: リリアン・H.スミス
訳: 石井桃子・瀬田貞二・渡辺茂男
寸法: 15X10cm
内容: 496p
製作: 岩波書店
初版: 2016年10月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本