飛び込み台の女王


  • 飛び込み台の女王/Mヴィルトナー
  • 1,700円+税(8%税込1,836円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

読み応えのある1冊、高学年から大人の方に。

あらすじ

12歳の少女ナージャとカルラはドイツのスポーツ・エリートのための体育学校に通う飛込み競技の選手。

二人は同じアパートの隣同士でもあり、6歳半でスカウトされてからずっと一緒に練習に通ってきました。

最初は15人だった仲間は徐々に脱落していき、今残っているのは3人と中途加入の1人。

その中でもカルラは特別な輝きを放つスター選手です。

ところがカルラの母(夫と死別)に恋人ができると、カルラは不安定になり、飛び込みの大会でも今までになくミスをしてナージャが優勝する結果に…。

その後二人は初めての喧嘩をし、ナージャがカルラの母の秘密を口走ったためカルラは失踪!

家を抜け出したナージャは夜ふけに雨に打たれていた彼女を探し出します。

その後肺炎で入院したカルラは見舞いに行ったナージャに心のうちを明かします。

母の恋人とカルラの意外なつながりとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この終盤のシーンと、その時カルラが語る「落下時間に全人生をつめこむ」といった意味の言葉が印象的です。

二人の少女の生活環境や家族・飛び込みの仲間たちなどの描写にも奥行きがあります。

飛び込み競技の世界を垣間見られた気がするのも魅力。

(コプタ通信2017年11月号より 築山真希子 つきちゃん)

商品詳細

年齢: 小学高学年〜大人
作: M・ヴィルトナー
訳: 森川弘子
寸法: 19×13cm
内容: 242p 
製作: 岩波書店
初版発行日: 2016年9月15日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本