クマの名前は日曜日


  • クマの名前は日曜日/M.ゾーヴァ
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

ベストセラーの『ちいさなちいさな王様』と同じコンビによる絵本である。「ぼく」がぬいぐるみとしておもちゃ屋さんで売られ、クマに買われる場面が出てきたりする。ちょっとこわい。絵本とはいえ正真正銘大人の本である。でも、とにかく「いい感じ」だ。

ゾーヴァの絵はいかにもドイツ的だと思う。この暗さがしびれるほど好きだ。だいぶ前の話だが、私は日本に留学しているドイツ人の女子学生にドイツの印象を訊かれたので、ほめるつもりで「暗い」と答えたら、彼女は傷ついてしまった様子だった。あわててその重厚な感じが好きだとかなんとか説明したが、しどろもどろでどうもうまくいかない。「日本の文化って、ほら軽薄で安っぽくてさぁ…」てなことを言いかけたんだけど、うつむいている彼女を前にだんだんこちらも萎縮してしまった。「ゾーヴァの絵みたい」とかなんとか言えたなら、この場の雰囲気は打破できたかもしれないと今になって思う。(もっとひどい事になってた可能性もあるか。)「深みがある」と「ユーモアがある」というのは通常相反しているのにゾーヴァはこれを同時にやってしまう。北ドイツの人はおかしな事があってもその場では笑わず家に帰ってから笑うとドイツ人の間では言うらしいのだが、この絵本もまさにそんな感じ。後からじわじわっと可笑しさが沸いてくる。

映画『アメリ』公開以来、日本でも今ゾーヴァは若者に人気沸騰。2年前からホームページで紹介している絵はがきも大変な売れ行きである。絵はがきを買ってくれた若者もやがて結婚し子どもができ、百町森がおすすめする定番絵本のファンにもなってくれるに違いない。

(柿田友広「コプタ通信」2002年12月号)

商品詳細

年齢: 大人
著: アクセル・ハッケ
装画: ミヒャエル・ゾーヴァ
訳: 丘沢静也
寸法: 39頁
内容: H22.8×W16.4cm
製作: 岩波書店

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本